2015年08月09日

サウスランド シーズン1 #1

オンデマンドで放送した「サウスランド」がやっとAXNで放送開始。
「ブルーブラッド」の続きを放送してくれないし、ポリスドラマに飢えてました。
ロケ中心のドキュメンタリー撮影手法で、リアリティを感じさせるドラマでした。

ベン・マッケンジーは「O.C」「GOTHAM」でお馴染みですが、他のキャストは
どこかで見たことある程度なので、違和感なく見れそうです。
これから新人警官ベン・シャーマンがどう成長していくのか楽しみです。

LAPDの新米警官ベン・シャーマン巡査(ベン・マッケンジー)は指導係の
ジョン・クーパー巡査(マイケル・カドリッツ)と初めて現場に出ることに。
悪臭の通報で民家に行き、腐乱死体を見て嘔吐したベンをベテラン警官の
デューイ・デューデック巡査(C・トーマス・ハウエル)にからかわれる。

殺人課のリディア・アダムス刑事(レジーナ・キング)とラッセル・クラーク刑事
(トム・エベレット・スコット)は少女失踪事件を担当する。
近隣に住む少年の家を家宅捜索するが手掛かりはない。

リディアは母親と2人暮らしで、様子を見に一旦、家に帰るとアリだらけで、
母親からゴキブリの死骸に群がってたと聞き、少年の隣の建物にアリがいたと
思い出して戻ると、後ろから殴られた。

リディアが意識を取り戻すと、銃を持ったアーシャムがいて、少女が叫んだから
手で口を塞いだと自白し、銃を取り上げて逮捕した。
そして、建物のクローゼットから少女の遺体を発見する。

対ギャング班のサミー・ブライアント刑事(ショーン・ハトシー)と
ネイト・モレッタ刑事(ケヴィン・アレハンドロ)はバスから降りた少年
ヘンリーがギャングに撃たれた事件を担当。

現場にいた少女3人の聴取を母親に阻止され、バスの運転手は犯人目撃の
証言を撤回するが、少女ジャニラが犯人の車のナンバーを手に書いてたと
親に内緒で電話してきて、犯人がムニョスだとわかり、指名手配する。

その頃、ベンとジョンは不明の騒音苦情の現場に行くと、そこにあった車は
ムニョスの車だが、まだ手配されてると知らないベンたちは応援を呼んで、
デューイたちと敷地に入っていく。

何人かを逮捕し、ベンは手錠をかけると、デューイは身体検査をしてないのに
俺は上官だと強引に連行するが、男が隠し持ってた銃でデューイを撃ち、
ベンが男を射殺した。
モレッタはヘンリーの母親に犯人は2日前に出所したギャングだと報告する。

デューイは性格に難ありで、相棒のチッキー・ブラウン(アリジャ・ベアイーキス)は
SWAT希望の女性警官で、そんなデューイを上手く手なづけてる感じ。

クラークは少女の母親を慰めるのはいいけど、手を握ったのは問題ありだと思う。
ブライアントは妻から何度も電話が入り、麻薬犬のリクターはストレス症候群だが、
彼の方がストレスが溜まってそうだな。

ジョンはバーで飲んでたが、周りは男ばっかりなのはそういうことなのかな?

ベンは初日から腐乱死体にギャングの射殺と大変な1日だったが、父親は弁護士で
どうして警官になったのか、見事な射撃はどう習得したのか気になる。

Southland: The Complete First Season [DVD] [Import] -

Southland: The Complete First Season
posted by Jasmine at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サウスランド(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ