2015年08月01日

ダメージ シーズン5 #3

エレンはケイトとパティの事務所にレイチェルの宣誓証言を取り行く。
緊張してるエレンにケイトが大丈夫?と声をかけると、今日の宣誓証言は
先週みたいなことになれば、その時は終わりで私はクビになると告げた。

1週間前、パティはケイトから別の事務所に行くと言われ、エレンの事務所に
行くことを察し、法曹界の復帰へのおめでとうと告げた。

マクラーレンの元にクビにしたギッタたちスタッフが戻り、ギッタから空港で
買ったと前のを見ないからとシガレットケースをプレゼントされた。

エレンの事務所はオフィスらしくなり、ケイトのオフィスも用意された。
ケイトは山積みの資料からリークの内容を精査するように頼まれて、
マクラーレンとの打合せに同席させたくない、信用されてないのは仕方ないと。
ケイトはパティと87年に家族間のちょっとしたトラブルで闘った経験があった。

マクラーレンはギッタにハッカーがプリンスフィールドの情報を握ってると
金を要求されたが、金で情報は買わないと断り、自分たちで掴むことにしたと。

エレンはマクラーレンたちに原告が勝訴するには故意にナオミを傷つけたり、
わざと個人情報をリークしたと原告側が立証しないといけないと、
1度も会ってないのかと尋ねると、マクラーレンは一切ないと断言する。

しかし、エレンがホテルの映像を見せて追及すると、マクラーレンはナオミと
会ったことを認め、告発者とは会わないのがルールだが会わないと情報を
渡せないと言われて会い、黙ってたのは情報源を守るためと。

最初はローマで会い、2度目はニューヨークでナオミがリークに二の足を踏み、
ホテルに来てほしいと連絡があり、会いに行ってナオミを説得した時に
ニューヨークのホテルの部屋にシガレットケースを忘れてしまう。

パティはレイチェルからナオミがマクラーレンと会ったことを打ち明けれる。
レイチェルは母親ナオミとは何でも話せる関係で、ローマとニューヨークで
マクラーレンと会って寝たことを聞いていた。

エレンとの宣誓証言でレイチェルはナオミがマクラーレンに会ってたことや
ローマとニューヨークではナオミがマクラーレンに会ってたと証言した。
ニューヨークのホテルで会った時にナオミは内部告発を辞めると言い出すと、
マクラーレンはキレて、襲われそうになったと証言する。

エレンは伝聞証拠だと主張すると、レイチェルは証拠があるとマクラーレンが
失くしたネーム入りのシガレットケースを投げつけられたと提出した。

ラトガーは出資者の男に援助を頼むと了承されたが、エレンが結果を出せないなら
弁護士を変えろと要求され、エレンに最後通告を突きつけた。
それで冒頭のエレンとケイトの会話になったらしい。

追い詰められたエレンは翌日の宣誓証言で、ナオミが自殺した日のレイチェルとの
通話記録からレイチェルにナオミと会話内容を聞き、両親が離婚した友達を
仲間と慰めていると最期の通話があり、会話の内容を詳細に話させた。
最期の通話は2秒なのに、レイチェルの話だと25秒になると偽証だと突きつけた。

クリスは買い物中にエレンの母デニースが働いてる薬局で、偶然会ったことを
エレンに話すと母親が働いてると知らなくて、薬局まで確認に行く。
時間があるので働いてると言われて、それ以上、追及しなかったが、
深夜に母親が突然、泊めてほしいとやってきた。

パティがオウローロとキャサリンの誕生日について話してる間に、パソコンに
“サムライ・セブン”から“力を貸してやる”とメッセージが届いたが
キャサリンがメッセージ拒否をしてしまう。

キャサリンの誕生日のお祝い中にケイトがパティの自宅に訪ねてきた。
あの人からの連絡を無視してるでしょう。話したがってる、もうすぐ死ぬの。
と言われたが、89年の裁判と絡んでそう。

レイチェルはナオミはマクラーレンと会ってたとだけ証言すればよかったのに、
余計な脚色をしたことで、すべてが偽証にされてしまう。
パティは本当に気付けなかったのかな?

ダメージ シーズン5 ソフトシェルDVD-BOX -

ダメージ シーズン5 ソフトシェル
posted by Jasmine at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ