2015年07月29日

ブロードチャーチ 〜殺意の町〜 シーズン2(全8話)

シーズン2も期待通りに面白くて、一気に観てしまいました。
すっきりと終わったけど、シーズン3があるんですよね。

海沿いの平和な町ブロードチャーチで11歳の少年ダニーが殺害された事件で
警部補ハーディと巡査部長エリーが捕まえた犯人はエリーの夫ジョーだった。
公判の日、ブロードチャーチの住人たちが傍聴する中、ジョーは突然、
無罪を主張し、周囲は騒然となる。

法廷にいたハーディの元にクレアがアイツが帰って来たとやって来た。
アイツとはサンドブルックで12歳の少女ピッパが遺体で発見され、
子守をしてた19歳の従兄弟リサが行方不明となった事件の容疑者リー。
リーの妻クレアはアリバイを覆す証言をしたので、ハーディが保護していた。

ジョーの裁判と、ハーディがエリーに協力してもらいサンドブルック事件を
再捜査する2つの展開が繰り広げられる。
ラティマー家の弁護人となった元敏腕弁護士ジョスリンと彼女の弟子だった
ジョーの弁護士シャロンの対決はなかなか見応えがありました。

シーズン1でエリーが取調室で自白したジョーにキレて、殴りかかったことが
問題になったり、ハーディはジョーへの暴行を止めなかったと認めて、
自白が証拠から排除されてしまう。

ベスはエリーに激怒してたが、破水したベスをエリーが助けて、無事に出産。
こんな時にもマークは家にいないし。

町に戻って来たナイジェの母スーザンが裁判でナイジェが遺体を運んで、
ビーチに置いたと証言し、引っ掻き回すだけで戻ってくるなって感じ。

エリーの甥で地元新聞の記者オリーはシャロンの補佐アビーを家に連れ込み、
母親が証言と引き替えにエリーから借金をした証拠を見つけさせて、
シーズン1でもそうだったけど、役立たずな記者で罰してやりたいわ。

マークは法廷で浮気してたことだけでなく、犯行時刻に現場近くにいたと
裁判で明らかになり、ベスと別れようと手紙を書いてたなんて証言し、
この裁判で1番辛かったのはベスだと思う。

サンドブルック事件はクレアが怪しい過ぎるが、ハーディはリーが犯人だと
信じていたが、エリーに新たな視点から捜査してもらったことで真実が判明。

ピッパの両親はそれぞれにリーとクレアと浮気していて、リサは預金を
引き出してたので、ピッパを死なせて逃走してるのではと考えたりするが、
クレアが裁判の証拠のネックレスを盗んだことは判明する。

ハーディはリーにクレアが妊娠してたことを知ってたかと揺さぶりをかけて、
リーはクレアが中絶したことを知ってしまい、2人の関係は決裂する。
クレアが盗んだネックレスはハーディに渡しに来たことで、クレアを逮捕し、
リーも逮捕した。

リーは子守をしてたリサと浮気してるのを帰宅したピッパの父親リッキーが目撃し、
カッとなったリッキーがリサを殺してしまう。
帰宅したクレアはピッパから何かあったことを知らされ、事態を把握すると、
リッキーにクレアの遺体の処理に行かせてる間に、クレアはピッパに薬を飲ませて、
リーが枕でピッパを窒息死させて川に遺棄する。

戻って来たリッキーにクレアはピッパに薬を飲ませたら苦しんだと嘘をつき、
弱みを握っていた。リッキーも逮捕され、リサの遺体は墓の中にあると供述する。
関係者みんながグルになってたので、ハーディも真実が見抜けなかったのだろうな。

ジョーの裁判は、犯人なのは間違いないが、ジョーがどんな言い訳をするのか
見たかったが、結局、ジョーは証言しないまま無罪判決が下った。

マークやナイジェが怪しい行動をするから、陪審員も有罪判決を下せなくて、
自分たちで裁きを下すのかと思ったら、エリー、ベスに神父も一緒になって、
ジョーに町から出てけと言い渡した。

無罪になったから、また家族で暮らせると思う方がおかしいよ。
エリーが言ってた通り、反省してたら無罪なんて言わないはずだよ。

ハーディはペースメーカーを入れる手術を受け、ブロードチャーチを去った。
エリーは別の町で警官を続けながら、幼い息子を育て、トムは叔母の家にいたが、
やっとトムと向き合えたエリーはブロードチャーチに戻った。

ベスとマークも娘が産まれて、家族でやり直すことになり、2家族がダニーの遺体が
発見された海岸で揃った姿を見れたのは救いだった。

これで終わりかと思ったら、シーズン3の製作決定だそうです。
アメリカのリメイク版「グレースポイント」は残念ながらシーズン1で終了。
イギリス版と同じデヴィッド・テナントが「ブレイキング・バッド」の
アンナ・ガンと共演で、撮影はビクトリアなので、日本でも放送して欲しいです。

ブロードチャーチ 〜殺意の町〜シーズン1 コレクターズBOX [DVD] -

ブロードチャーチ 〜殺意の町〜シーズン1
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海ドラ サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ