2015年07月15日

ホワイトカラー ファイナルシーズン #2

ピーターは本部にパンサーズを捕まえたら、ニールを自由にすると掛け合ったが、
ニールは口約束は不安だと、モジーが作った契約書に司法長官のサインを求めた。

ニールがピンク・パンサーズの会合場所に行くと、ロシアの刑務所にいるはずの、
マシュー・ケラーがいて、彼はピンク・パンサーズのメンバーだった。

ニールは初任務にオークションに出品される貴重な切手を盗むように命じられ、
ケラーをすぐに捕まえると言うピーターをニールが何とか説得して、
エリザベスに護衛をつけて、潜入を続行することに。

ケラーがニールの部屋に会いに来て、後ろ盾がいて刑務所を出たと言い、
ニールはFBIには刑期を終えるまでいるだけで、銀行の不正融資の調査のために
足かせを外してるので、今のうちに次の受け皿を探してるとウソをついた。

切手はビアンカが主催する非公開のオークションに出品されるが、事前に客と
個別に会ってチェックすとわかり、カメラ嫌いの名門一族のナサニエルが
ビアンカと会うとわかり、ニールがナサニエルになりすますことに。

しかし、ビアンカはナサニエルに扮したニールにあなたのお父様以外の人とは
会わないと言ったはずと帰ろうとして、空港で足止めしたナサニエルの連れが
父親だったとわかり、ピーターが父親になりすまし、ビアンカと話をして、
招待状をもらうことに成功する。

オークション会場は1時間前に知らせてくるので、下見はできないので、
ニールとピーターはぶっつけ本番で挑むことに。
切手は最新警備のセキュリティーで守られていた。

ニールはオイスターを食べた時に使ったフォークをポケットにしのばせて、
オークションのマナー破りをして、入札者を怒らせると、ピーターが
私の息子をバカ野郎呼ばわりするなとケンカを始めた隙にニールはフォークを使い、
切手を盗み出した。

ボディチェックを受けたニールは全員調べろと言うなら、ビアンカもだと言い、
ビアンカのバックから空の切手ケースが見つかり、ニールは切手だけを
襟に隠し持っていた。

押収した証拠品は捜査中の事件に利用できるが、所有者が海外にいる場合は別で、
スウェーデン政府は切手は個人コレクターから盗まれた物だと言ってきたので、
パンサーズに渡すことはできず、ピーターは手ぶらで行かせられないと、
潜入捜査を中止すると言い、ニールはまた裏切る気かと怒って出て行った。

ジョーンズが調べると、ケラーはロシアの刑務所に服役中となっていた。
ニールは偽造切手を作りながら、モジーとケラーを釈放した人物を考えていて、
ケラーがよく腕をかいてたことを思い出す。

ニールは切手を確認するケラーに見えるように偽造切手に“インターポール”
と書き込んで、ケラーは切手は本物だと確認する。

ウッドフォードがニールに切手を盗ませたのは、警備会社の対応を見るためで、
会場にいた仲間が対応をチェックしていて、ピーターのことを見ていたが、
ニールは信頼できる相棒で切手を盗んで売りさばくと思ってると答えた。

ケラーはインターポールの潜入捜査中で、埋められたICチップが気になって、
腕をかいてたらしい、ケラーはピーターも関わってたので、ニールもFBIの
潜入捜査だとバレてしまう。

ピーターは司法長官のサイン入りの契約書をニールに渡して、エリザベスが
妊娠したと告げると、ニールも喜んでくれて、お祝いの葉巻を吸った。

パンサーズの潜入できたのに、信用できないケラーがいるなんて最悪、
今回の潜入はかなり危険なのに、ニールは自由のためなら命も惜しくないと。

ホワイトカラー シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] -

ホワイトカラー シーズン2
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | WHITE COLLAR(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ