2015年07月04日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #2

リズボンが意識不明で倒れてる現場に局長のバートラムが到着する。
局長トリッジが死亡したと聞き、ジェーンは誰か水を持ってないかと
警官からペットボトルを受け取ると、リズボンの顔に血で描かれた
レッド・ジョンのマークを落とした。

リズボンは出勤すると、ゲイルがガラスにレッド・ジョンのマークを
描いていて、オフィスではジェーンたちが血だらけで倒れていた。
そして、呼ばれた方を見ると、血だらけでナイフを持ってるスミスがいて、
ハフナーが襲いかかってきたところで目を覚ますと病院のベッドにいた。

リズボンはジェーンにどうしてレッド・ジョンに殺されなかったのかと
GPSの追跡は危険なのでヴァンペルトにやめさせると、パートリッジが
“虎よ虎よ”と言ってたが、ジェーンの時と同じ?意味は?と聞くが、
ジェーンは意味はわからないと、レッド・ジョンは先を言ってるので、
霊能者ではないかと言われ、ジェーンは病室を出ると、精神科医の
ソフィーに電話するが留守電で、電話が欲しいと伝言を残した。

警官に車を止められた男が逃走するが、車が爆発して死亡する事件が発生し、
バートラムはチョウに指揮を命じた。
そして、バートラムはジェーンにレッド・ジョンを捕まえる時はその場に
いたいと念を押した。

リグスビーはチョウと現場に行く途中で、レッド・ジョンは局長だと言うと、
チョウも同意してくれたので嬉しそう。
爆発した車を運転してたのはタイタス・ストーンで、パトカーのカメラに
車にドローンがぶつかるのが映っていた。

タイタスの勤務先“空気力学社”はドローンの設計会社で、ドローン絡みと聞き、
ジェーンはチョウとタイタスの会社に行くことに。
共同経営者のエリオットとクリスが応対し、タイタスは創業者の1人で
設計部長だが、変わり者で社交下手だったが、トラブルはなかったと。

タイタスは数か月前に軍に納品した“レッドバード”計画を終えたところで、
助手ニコラスから趣味はゲームと黒澤映画でダイエットは始めたと聞いて、
ジェーンは女性がいると推測し、娼婦のキャロルを買ったとわかった。
キャロルはタイタスとサムライと村娘の芝居をさせられたと供述する。

リズボンは病室にハフナーが来たので、悪夢を思い出して、緊張してると、
ハフナーはレッド・ジョンの捜査状況を探ってきて、クライアントの
ヴィジュアライズが気にしてるらしく、口笛を吹きながら出て行った。

こんなところにはいられないとリズボンはCBIに出勤して、ヴァンペルトに
GPSの監視を中止するように命じた。

ジェーンはソフィーにまた電話するが繋がらないので、ヴァンペルトに
住所を調べてもらい、ソフィーの家に到着すると、リズボンから電話が入る。
リズボンはソフィーはジェーンの精神科医でレッド・ジョンがソフィーから
ジェーンの情報を入手したかもと、話したら電話してと切った。

玄関の鍵がかかってたのでジェーンはピッキングして侵入し、家の中を見ると、
冷蔵庫に“夕食はオーブンの中”とスマイルマーク付きのメモを見つけて、
オーブンを開けるとソフィーの頭部が入っていた。

ジェーンは警察と話をしてると、リズボンから連絡が入り、CBIでバートラムと
FBIのスミス、マカリスター保安官が一緒にいることを知らされた。
CBIに戻ったジェーンは3人で合同捜査の打合せしてる局長のオフィスに入ると、
レッド・ジョンが僕が近づいてるから元精神科医を殺したと、数日間で2人殺し、
少し必死になり、気づかずにミスを犯したと出て行くと、スミスは口笛を吹いた。

スミスは彼はどこまで知ってる?と言うと、局長はそこが問題だと答え、
突き止めるのがあんたの仕事だと言われ、努力してると告げた。

レッドジョンは患者のフリをしてソフィーに近づくが見抜かれてしまい、
顔を見られたので殺したと推測し、リズボンはリグスビーに内密にソフィーの
オフィスでカルテを調べるように指示する。

チョウは会社を訴えてる元社員のカリノスキーからタイタスからレッドバードに
問題があり、アフガニスタンで標的を外して民家を撃ち、10人近く死亡したので、
一緒に誘導装置を調べてくれと頼まれたが、後日問題はなかったと言われたと聞き、
チョウは国防総省の知人から原因は天気だったことになったと教えてもらう。

ジェーンはタイタスが3時間近くも1人でたくさんの食べ物を食べていて、
彼の消されたPCデータから意味不明の数字の羅列を復元したと聞いて、
犯人はわかったので、明日、みんなを呼んで終わりにしようと告げた。

ジェーンはタイタスが自分の行いを恥じて、サムライの切腹のように自害したと、
クリスに君に恋してたので自殺をほのめかしたのが止めず、PCにあった遺書を
消去したと告げるが、証明はできないと言うが、リズボンは立証できなくても
隠ぺいの件は立証できると、カリノスキーが証言すると言うと、クリスは
データは全部消したと言ってしまう。

ジェーンはリグスビーから該当者の4人のカルテがないと聞くと、ソフィーは
タイプできないので、記録をボイスレコーダーに録音し、口述筆記サービスを
使ってたので、コピーがあると。

入手した記録からジェイ・ロスの予備診断は強度の高所恐怖症だと主張し、
健康な中年男性で精神疾患の既往歴なし、家族はいないけど支えてくれる
友人は多数で、話し方も態度も上品で冷静、口笛を吹くのが得意。
自己陶酔的な面を持つ兆しも見られ、葛藤には対処できると主張するが、
真実だとは思えない。彼の発言には自信が見られたが、彼から感じるものとは
一致しないと、心に闇を感じ、何かを恐れてる兆候はあると言っていた。

ソフィーの診断は容疑者リストの6人それぞれに一致する部分があるし、
ジェーンはまだ誰がレッド・ジョンか確信を持ってないみたい。

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット1 (6枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット1
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ