2015年06月30日

リベンジ シーズン4 #12

2003年、刑務所内でゴードン・マーフィーに刺されたデヴィッドをマルコムは
コンラッドがいらないなら自分が利用しようと手下に救急車で運び出された。
マルコムはストリッパーとして働くアマンダの写真をデヴィッドに見せて、
脅迫された彼は仕方なく従っていた。

デヴィッドはマルコム死亡の新聞を見ていて、ヴィクトリアに裏切られ、
ベットを共にしなかった。
ヴィクトリアは20年前の決断は息子を守るためだが、結局は死んでしまい、
自分を許せないのに許してくれとは言えないと言い、デヴィッドは今夜、
モントークの灯台で話をしようと提案する。

エミリーはデヴィッドが今夜、ヴィクトリアを始末するつもりだと知り、
ヴィクトリアには失う物は何もないと、苦しませておくほうがいいと、
手を引いて、一緒にどこかに行こうと言い、デヴィッドも賛成する。

ノーランはエミリーがデヴィッドと去ると聞いて、ハッピーエンドだと喜び、
デヴィッドもヴィクトリアに灯台での待ち合わせをキャンセルする。

ノーランはルイーズと議員を目指するルイーズの兄ライマンと会うことに。
ライマンは父親の死因がマスコミにバレて、ルイーズをサバナに連れて帰る
つもりだったが、ノーランはマスコミにバレたのは自分のせいだと謝罪し、
ディナーに招待し、寄付も申し出ると、ライマンは受け入れた。
ノーランはライマンのことを見極めてもらうためにエミリーもディナーに招待。

カールをベビーシッターに預け、家を出たジャックをマルコムが待っていた。
マルコムはダグラス・テイラーと名乗り、ケイトの父親だと言ったので、
ジャックはすぐにマルコム本人だと気付いた。

アルヴァレスからケイトと組んでたと聞いたと、ケイトの行先を聞かれて、
このあたりにいるのかと聞くと、マイアミでないことは確かだと、
カールを見て、守ってやれ、今のうちにと言われた。

ビビったジャックはデヴィッドに連絡し、カールはいとこに預けた。
デヴィッドはいつもように振る舞えと、マルコムはアマンダは死んだと
思ってるので感づかれるな注意する。

エミリーは偶然、ライマンがルイーズに薬を飲んでないことで責めて、
飲まないと妄想に囚われ、人に危害を加えたりすると、ディナーの席で
帰ることを伝えるように言ってたのを聞いてしまう。

エミリーはノーランに話して、ルイーズの犯罪記録を見ると、ルームメイトに
危害を加えて、昏睡状態にしてたが、ノーランはルイーズのことを信じていた。

エミリーはベンに連絡し、ビーチを歩きながら、聴取の取り乱したことを謝り、
ベンもダニエルの件は終わったと、アルヴァレスと昇進について話すことや、
デートの約束が残ってると言うと、エミリーはもうすぐここを離れると告げた。

マルゴーはヴィクトリアに呼ばれたので、ダニエルが何であんなことになったか
説明してくれる気になったのかと言うが、ヴィクトリアは遺品整理をしていて、
ダニエルの赤ちゃんの頃の写真を見せて、家族だから一緒に乗り越えようと、
子供に見せてあげてと写真を渡すが、子供に見せてあげたいのは真実だと去る。

デヴィッドはケイトの携帯からマルコムに電話し、娘に会いたいならこっちの
言う通りにしろと、ケイトの居場所を教えるので、見つけたらすぐに国外に出て
戻って来るなと、従わないとUSBを当局に送ると告げた。

エミリーはノーランたちとのディナーに行くと、ルイーズがトイレに行ったままと
聞いて、様子を見に行くと、独り言を言ってたルイーズは声を掛けられて驚き、
持ってた薬をバラまいてしまい、拾うのを手伝いながらこっそりと盗んだ。

ライマンはアルコール依存の父親が階段から落ちて死んでるのを見つけたのは
13歳のルイーズで、うつ病やパニック発作、幻覚に悩まされてきたと話し、
ルイーズは母親の幻覚が現れて、興奮してノーランをビンタしてしまう。

ジャックはデヴィッドにマルコムに俺のことを話したアルヴァレスが消えたと言い、
デヴィッドは今夜、マルコムと会うので自分に何かあれば、アマンダに話してくれ、
ノーランがマルコムの犯罪の証拠が入ったUSBの隠し場所を知ってるので、
いざという時は公表するように頼むと、ジャックは今、FBIに渡せばいいと言うが、
デヴィッドは君はいまだにこの国の司法制度を信じてるとはと言われてしまう。

ベンはマルゴーからの着信を無視していて、仕事が終わってエミリーの留守電に
伝言を残すのをマルゴーが聞いていて、エミリーと付き合ってるなら証言は無効だと、
ベンを責めてると、マルゴーは興奮しすぎたのか倒れてしまった。

ベンはマルゴーを病院に運んで付き添ってたが、コーヒーを買いに部屋を出ると、
入れ替わりに入った医師から赤ちゃんは無事で血圧が高くて、ストレスは良くないと
家族を頼るように勧めてると、ヴィクトリアがやって来た。

ヴィクトリアはマルゴーに自分の間違いに気付いたと、真実を隠すのは不公平だと、
これから話すことは外には漏らさないように約束させて、ダニエルはエミリーを
襲ったのではなく守ったと、まず最初は傷ついた1人の少女アマンダ・クラークの話、
またの名をエミリー・ソーンと言ったのをベンは聞いていた。

エミリーとノーランはルイーズの薬を調べてもらい、メフロキンが混ざっていて、
幻覚や攻撃的になる副作用があるがそうした理由を聞くと、判断能力がなければ、
父の残してくれた遺産を母が自由にでき、母の遺産は兄の選挙活動で使い果たしたが、
兄は関与してないとかばい、エミリーたちにこのことを内緒にしてほしいと頼む。

ノーランは黙ってられないとライマンに薬のことで責めるが、ライマンの様子から
まだルイーズを信用してもいいのかわからなくなった。

エミリーはルイーズの部屋で自分の写真を見つけ、ヴィクトリアに頼まれて、
ノーランから盗んだと告白し、エミリーはヴィクトリアがケイトに渡したと知る。

ジャックはデヴィッドがマルコムを待ち伏せする場所にやって来て、マルコムを
殺しても手下が殺しにきたら、デヴィッドは逃げられても俺は無理だと言うと、
それは想定内だと言われ、あなたらしくないと言うと、マルコムに捕まってる時、
アマンダへの手紙を護衛に託したが、マルコムに見つかり、護衛の命か娘の命か
選べと言われ、護衛を刺し殺したことを告白する。

ジャックはUSBを匿名で警察に渡していて、現れたマルコムは逮捕されたけど、
デヴィッドはジャックに大きな間違いを犯したと言った通り、FBIはマルコムを
証拠不十分だと釈放した。

エミリーはデヴィッドのフリをして、ヴィクトリアを灯台に呼び出した。
ルイーズに盗ませた写真を見た、ケイトが来たのはあなたのせいで、ダニエルが
死んだのもあなたのせいだと責めてると、ヴィクトリアが撃たれ、エミリーも
撃たれてしまい、マルコムはアマンダが生きてることを知った。

ジャックの正義感が仇となり、マルコムはエミリーが本物のアマンダだと知り、
拉致されてしまった。やっとデヴィッドと街を離れると決めたのに。

リベンジ シーズン1 コンパクト BOX [DVD] -

リベンジ シーズン1 コンパクト BOX
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | リベンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ