2015年06月04日

ブラックリスト シーズン2 #16

リズの偽証の証拠となる銃弾が見つかり、判事から追及されると、エイムズを
殺してないことは事実だと答えた。

レッドとレスラーはリズを救うためにトムがいるドイツへ向かうことに。
トムはアーリア人至上主義で薬物売買してる組織に潜入していた。
レッドは組織と取引してる武器商人が殺され、オーストリア人のベッカーを
新入りが紹介し、F2000を買おうとしてると情報を得た。

レスラーは地元警察と協力して武器を押収し、レッドはベッカーに接触して、
ドイツ当局とコネがあり荷物を取り戻せると、組織との交渉役を引き受けた。

レッドとレスラーは組織との取引場所に行き、トムにリズのピンチを告げて、
組織にベッカーは内務省の監視対象者で警察がブツを押収したと、紹介した男は
ドイツ当局の回し者かもと、トムを渡すように告げるが、自分たちで始末すると、
銃撃戦になってる隙にトムは逃走した。

トムはレスラーの携帯に電話してきて、レッドはリズが殺人で起訴されると
説得するが、トムは出頭しないと電話を切った。

ライトは判事に司法省の代理人が来るまで結論を待ってほしいと頼んでると、
トムが自分が殺したと出頭してきた。
判事はリズを偽証などで起訴するつもりで、トムはどんな取引でもするから
彼女に手を出さないでくれと頼んでると、クーパーの司法省の友人が現れた。

彼は判事には事情を聞く権利はないと、スパイ活動法に抵触するので
逮捕することもできると脅し、召喚の棄却をすれば、私が司法長官になったら
君をとりたててやろうと言われ、判事は棄却した。

リズは判事にエイムズの名前を忘れるなと告げ、ウィルコックスも納得できず、
一生背負えとリズを責めた。
クーパーの友人はトムなんて知らないし、拘束されてないとリズに告げた。

リズはクーパーから偽証させられたと激怒され、リズはマリクやクーパーのため
ベルリンに償わせたかったと口論してると、クーパーは鼻血を出して倒れた。
クーパーは病院に搬送され、リズは駆けつけた妻からクーパーは脳腫瘍で
余命は1年ないと言われたが、試験的な治療法を奇跡的に受けてると聞く。

クーパーは試験的な治療が腫瘍の成長を抑えていて、副作用で発作が起きたが、
治療の効果が出てるらしくて良かった。
でも召喚の件で、また借りを作ってしまい、何をさせられるのか心配だな。

リズはFPに預金を動かすように指示するが、ウィルコックスは逃走するために
海外に預金を移してると言ってたが、リズはエイムズの娘に匿名の奨学金として、
お金を渡したが、そんなお金持ってたの?と思ったら、レッドにもらった
アパートを売ったお金だった。

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.1(3枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブラックリスト シーズン1 BOX Vol.1
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ