2015年05月25日

殺人を無罪にする方法 シーズン1 #6

かがり火の夜、アッシャーは部屋のトロフィーが消えていることに気付き、
みんながいる事務所の扉を叩くが、誰も出て来ないので立ち去った。

5週間前、ウェスはアナリーズに嘘をつかれたことで授業を欠席する。
21年前にアナリーズがロースクールの時、デビッド・アレンが恋人トリシャを
殺害したと死刑判決を受けた。

検察はデビッドがトリシャと上司の浮気を疑い、彼女を射殺したと起訴し、
状況証拠だけなのに死刑判決が下ったが、1時間前にペンシルバニア州
最高裁判所が判決の見直し請願を認めたが、デビッドの冤罪をはらさないと
2週間後に刑が執行されてしまう。

ウェス以外のキーティング・ファイブは裁判記録を見直してると、担当判事は
アッシャーの父親ミルストーン判事だと気付き、だからアッシャーが選ばれた?

アナリーズはウェスの部屋までトロフィーを持って行くが、いらないと言われ、
知ってることを書いたとレベッカを捜さないと警察に届けると言われて、
フランクにレベッカの捜索を命じて、ウェスもデビット事件に合流する。

当時のデビッドの弁護人はデビッドのアリバイの証人ジェイソンがいたが
いつもハイなので陪審の心証を考えて申請せず、担当検事は偽証があると
密告を受けたが、ミルストーン判事は無視し、検事は担当を外されていた。

ジェイソンは薬物が原因で死亡していて、アナリーズはフランクに仕事を頼む。
アッシャーは父親の業務日誌にデビッドの件で検察を打ち合わせをした日だけ
抜けていて、父親が検事補から偽証の報告を受けた1カ月後に連邦判事になり、
母親がアート・トゥルッコのおかげだと言ってたことを思い出す。

アッシャーは父親に不正の事実を問うが否定されなかったので、アナリーズに
父親を見逃し、トロフィーをくれることを条件に情報を渡した。
上院議員となったトゥルッコは当時、持ってた不動産の住民を追い出すために
家賃を上げ、トリシャは反対運動の先頭に立ってたことで殺害されたのだった。

アッシャーはデビッドが銃を持ってるのを目撃したと証言したリンダが
トゥルッコが所有するビルの住人だと気付いた。

アナリーズは法廷でリンダが家賃滞納で訴えられたが、目撃証言後に訴えを
取り下げられたことを追及し、トゥルッコを法廷に引っ張り出した。
トゥルッコにトリシャを殺害しろと指示したかと質問し、リンダに偽証させた
理由を追及し、判事に止められてもアナリーズは追及をやめなかった。

判事はアナリーズの主張は推測だが、検事の主張も推測にすぎないと、
検事局にトゥルッコとリンダの行動に関して裏付け調査を命じて、
デビッドへの死刑判決を破棄し、再審を禁じて自由になった。

アナリーズはウェスにグリフィンが犯人だと示す証拠が出たと告げるが、
フランクにライラの携帯から送信元の情報を削除させ、グリフィンの車に
携帯を隠させて、部屋の壁紙も替えていた。
しかし、ネイトはフランクが携帯を仕込む画像を入手していた。

ウェスはレベッカを迎えに行き、アナリーズはサムにあなたが必要なのと
泣いていたが本当に愛してるの?

5週間後、アッシャーはみんながサムの遺体を処理してる頃、ボニーと
寝ていたが、そこへ、ボニーの携帯に取り乱したアナリーズから
サムと一緒なのかと電話が入り、大変なことが起きたと告げた。

HOW.jpg
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 殺人を無罪にする方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ