2015年05月20日

スコーピオンの先行放送を見ました!

期待通りに面白かった!トータルIQ700の天才集団は最高でした。
パイロット版の監督は「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンで、
カーアクションやジェット機とのシーンも迫力があった。

IQ197の天才ウォルター(エリス・ガベル)は、天才数学者のシルベスター
(アリ・スティダム)、メカの天才ハッピー(ジェイディン・ウォン)、
天才心理学者のトビー(エディ・ケイ・トーマス)と“スコーピオン社”を企業する。

人付き合いが苦手な彼らは仕事が得られずに困っていると、国土安全保障省の
捜査官ガロ(ロバート・パトリック)がL.Aと近郊にある3つの空港の
コンピューターのソフトウェアにエラーが発生、飛行中の56機の旅客機が
墜落する危機に直面し、助けを求めてきた。

ウォルターは11歳の時に故郷のアイルランドから壁に貼るシャトルの設計図が
欲しくて、NASAのコンピューターにハッキングしたのを見つかって、
ケイブにアメリカに連れて来られて、政府に協力したがそれが戦争で使われて、
市民が多数死亡したことにショックを受け、ケイブのもとを去った過去があった。

1人5万ドルの報酬のために仕事を引き受けるが、空港までの道路は通行止めで
大渋滞で間に合わないと、直前にウォルターが無線LANの修理してた
ダイナーを借り切り、店から遠隔操作して修理することに。

店のオーナーはウエイトレスのペイジ(キャサリン・マクフィー)に任せて、
逃げてしまい、彼女の9歳の息子ラルフはウォルターたちの行動を理解して、
またウォルターたちも彼が天才少年だと気付いた。

ウォルターはコンピューターを再起動しようとするが、インストールディスクは
手元になく、会社も潰れていて、バックアップサーバーから古いソフトを
コピーするために向かうが、オフィスは閉まっていて、あと5分でソフトが
上書きされてしまうので、燃料切れの2機は諦めようとするが、ペイジから
全員助けなきゃと、深呼吸してリセットしろと言われ、ウォルターはハッピーに
ドアロックをリセットしろと指示し、ソフトを見つけた。

しかし、ソフトは破損して、ウォルターは戦闘機で撃ち落とすことを決断するが、
ラルフが上空を飛んでる旅客機を見てたことで、ソフトは旅客機にもあると、
近くの小さな空港に低空飛行させて、ソフトをダウンロードすることを思い付く。

ハッキングして空港までの道路を青信号に変えるが、ドライバーがいないと
困ってると、ラルフはペイジに車のキーを渡した。
旅客機に知らせるためにアナログ携帯を持ってる乗客に電話して、機長と話して、
管制塔の横を低空飛行するが速度が速くて失敗し、ウォルターは滑走路を車で
猛スピードで走り、旅客機は車の上を低空飛行し、元空軍の副機長が車輪格納部
からLANコードを落として、ペイジがラップトップに繋いで、ダウンロードに成功。

ウォルターたちは政府の仕事することになり、ウォルターはペイジの自宅へ
報酬を渡しに行き、彼女も仕事に誘った。
ラルフは母親とした話さないらしいが、ウォルターとは理解しあえるみたいで、
一緒に会話しながらゲームを始めた。

ペイジは人付き合いが苦手なウォルターたちの代わりに間に入る役割として、
メンバー入りし、ウォルターとペイジの関係も展開するのかな?
メンバーたちはそれぞれに過去がありそうで、そこも描かれそうだし、
「CHUCK/チャック」とは違ったオタク軍団の活躍が楽しみだな。

SCORPION.jpg
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | SCORPION/スコーピオン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ