2015年04月23日

ブレイキング・バッド シーズン4 #5・6

ウォルターはジェシーが連れ去られたので、銃を手にしてガスに店に行き、
ガスを呼ぶように店員に告げると、マイクから電話が入り、ジェシーと一緒だと
無事を確かめさせると、ラボに戻るように言われた。
それでも納得できないウォルターは店の奥に入って行くがガスはいなかった。

ハンクは刑事のティムに逮捕したハイゼンベルクは偽物で、ゲイルが本物で、
ブルーメスの関係者は2人知ってるが間抜けなバッジャーではないし、
ジェシーとはちょっとあったが、撃てるような男ではないと告げた。
そして、現場で目撃されたビクターの似顔絵を渡されたが、ハイゼンベルクが
死んだので、もう身を引くを告げた。

ウォルターはスカイラーは洗車場を手に入れた。
ジェシーを助けに行こうとした時に、万が一のために愛してると残した
留守電を聞いたスカイラーとベッドインする。

ジュニアにバレたのでスカイラーはウォルターに家に戻って来るかと聞くが、
ラボに戻る時間になり、即答を避けた。

ウォルターは1人で作業するが上手くいかずに、監視カメラに向かって、
2人でする仕事だ、パートナーが戻るまで何もしないとキレると、
助っ人が現れて、フォークリフトを上手く操作してので何も言えない。

マイクはジェシーを荒野に連れて行くと、シャベルで地面に隠してた
金を回収し、あと6か所回ると告げた。
ジェシーは6か所目で車の中でマイクを待ってると、ショットガンを持った男が
やって来たので、車で体当たりして逃げたが、ちゃんとマイクの元に戻るとは
ジェシーらしいな。

翌日、ウォルターがラボに行くと、ジェシーが働いていた。
ジェシーはラボの仕事にマイクの金の回収の手伝いと両方の仕事をすると、
やる気になってるが、すべてガスの計画通りだった。

ウォルターたちはマリーの家にディナーに行き、ハンクはゲイルが天才だと
褒めたので、ウォルターはあのノートは誰かの写しで、ハイゼンベルクは
まだ生きてると余計なことを言い、ハンクは事件を手伝う気になったみたい。
ベジタリアンのゲイルの家に“ロス・ポジョス”の袋があるのに気付く。

スカイラーはハンクへのウォルターの態度や留守電からゲイルは知り合いで、
ウォルターも同じ目に遭わされると心配し、警察に行くように訴えるが、
彼らには私が危険人物だと拒否すると、スカイラーは家を出て行った。

ウォルターはマイクがジェシーを連れ回し、襲撃させたのは芝居だと告げると、
ジェシーは怒ってしまい、呼ぶ出しで出て行ってしまったので、1人では
ラボは掃除できないと、クリーニング工場の従業員に金を渡して手伝わせたが、
手伝った従業員はホンジュラスに送り帰らされてしまった。

メスを運んでたガスの店のトラックがカルテルの手下に襲撃された。
ジェシーはマイクと奪われたメスを持ってる売人の家を見張ることになるが、
ただ見張ってるなんてジェシーには耐えられず、売人の家に入りこむと、
メスが入ってた容器のふたに“話をするか?”と書かれていた。

マイクはガスに腕が立つ男を10人雇いたいと言うと、まだ熱い戦争にはしないと、
ガスは会合を設けると。

スカイラーは自宅戻るとウォルターがジュニアに買った車を見つけた。
近所や国税庁の目があると、車を返すように告げたが、その通りだと思う。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン1 BOX(3枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ