2015年04月09日

ブレイキング・バッド シーズン3 #13(終)

ウォルターは荒野でガスたちと会うことに。
売人を殺したことで怒ってるガスにウォルターはジェシーの居場所を言わず、
ここで私を殺して、ジェシーを見つけ出して殺すか、今回の件を忘れて、
メス作りを続けるかの選択を迫り、ガスはメス作りをする方を選んだが、
新しい助手が自分で探すと告げた。

ラボに助手のゲイルが戻ってきて、見張りをつけられることに。
ガスはゲイルにウォルターがガンだと教えて、後を引き継げるように、
メスの作り方を覚えられるか尋ねると、ゲールは後1回で覚えられると答える。

カルテルがガスの探りを入れるためにアルバカーキーに手下を送り込むが、
マイクが排除した。
ソウルはマイクからジェシーの居場所を聞かれて、依頼人は裏切れない
と言いながら席を外して、バージニア州ディルウィンと書いたメモを見せた。

ソウルはウォルターを資金洗浄のための物件を見せに連れ出すが、
そこにはマイクが隠れていて、ソウルはマイクを騙したのだった。
そして、ウォルターもゲイルが引き継ぐつもりだと気付いていた。

ジェシーは自分は逃げるので、ウォルターに家族のために自首をすれば、
DEAが証人保護してくれると勧めるが、メスの生産は止められないので、
ウォルターが唯一の科学者になればと言うが、ジェシーは人殺しは
できないと言うので、ウォルターは事故に見せかけて殺すので、
ゲイルの住所を突き止めてほしいと頼んだ。

ジェシーはゲイルの住所を突き止め、ウォルターは殺しに行こうとするが、
ラボで薬品が漏れたと迎えが来て、ウォルターはマイクが待ってたので、
消されると思って、ジェシーはこの町にいるので差し出すと命乞いをして、
ジェシーに連絡すると電話をかけ、工場で殺されかけてるからお前がやれと
指示を出し、ウォルターはマイクにゲイルの住所を告げた。

マイクはゲイルに電話するが、彼は音楽を聞いてたので電話に気付かず、
ノックされたのでドアを開けると、銃を持ったジェシーがいて発砲した。

ついにウォルターとジェシーは殺人まで犯してしまった。
ガスは怒るだろうな、ウォルターはどう決着をつけるのかな?

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン3 BOX(6枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ