2015年04月01日

ブレイキング・バッド シーズン3 #7・8

ハンクは妻が事故に遭ったと嘘をつかれ、キャンピングカーを処分されて、
逆上してジェシーを殴って、病院送りにしてしまう。

ジェシーは病室にきたウォルターから新しい人生を始めるように言われるが、
今まで通りに生活すると、逮捕されたらウォルターのことを切り札にして、
自由の身になると、ハンクを訴えてると告げた。

ハンクはジェシーへの暴行で警察の取調べを受け、ジェシーが訴えると告げられ、
マリーにトゥコの件からパニックに陥り、抑制が効かなくなり、エルパソで
悪化したと打ち明けた。

スカイラーはウォルターの部屋を訪ねて、ジェシーと話してくれるように頼む。
ウォルターはジェシーに新しいラボでの仕事に誘うが、あんたと関わってから
大切にしてたものを何もかも失ったと金ではないと拒絶してたのに、
すぐに思い直して、利益は折半かと確認し、パートナーに戻ることに。

ハンクは職務停止となり、銃とバッチを返したが、ジェシーが告訴しない
可能性があると聞いて、少し希望が出てきたが、2人の男が1分後にお前を
殺しに来ると警告の電話が入った。

トゥコの従兄弟から襲撃を受け、ハンクは1人を車で撥ねて、もう1人を撃つが、
防弾チョッキを着てたので反撃されたが、簡単過ぎるとハンクにとどめを刺さずに、
斧を持ってくるが、ハンクは落ちてた弾を銃に込めて、頭をブチ抜いた。

退院したジェシーは入れ違いでハンクが搬送されるのを目撃してご満悦で、
新しいラボに行き、ウォルターはハンクのことを聞いて病院に駆けつけた。

病院にはDEAの仲間たちも駆けつけて、ハンクのために献血をする。
ウォルターはハンクを襲った犯人が同じ病院にいると聞き、病室に行くと、
膝から下を切断した生き残りが、ウォルターに体を引きずりながら近づき、
ウォルターは自分も標的だったと気付く。

ウォルターはメスの納品が遅れてる言い訳にゲールが失敗したからと
ガスに言い訳するが、ガスはハンクのことを知っていて、スポンサーとして、
病院にいる関係者に食事の差し入れと懸賞金の1万ドルを出してくれた。

ホアン・ボルサはトゥコの従兄弟たちがハンクを襲撃したと聞いて、
ガスが許可したと知り、DEAが撃たれたので、アメリカ政府が騒いだので
メキシコ政府が動き出し、連邦警察に囲まれたが逮捕なんて形だけと思ったが、
ガスが手を回したらしく、襲撃されてしまう。
これでガスはカルテルで権力を持つことになるのかな?

生き残ってたトゥコの従兄弟は死亡し、ウォルターたちもひとまず安心かな?
ハンクも一命を取り留めたようで良かった。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン5 BOX(4枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン5
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ