2015年03月28日

ブレイキング・バッド シーズン3 #5・6

ジェシーは自分で精製して売ったメスの代金の半分がウォルターに渡ったこと、
ウォルターはジェシーが勝手にレシピを使ったことで互いに怒っていた。

ウォルターはガスに会いに行くと、クリーニング工場の地下に作られた
麻薬製造用の新しいラボを見せられた。
設備が整ったラボにクリーニング工場を隠れ蓑に薬品も入手できるし、
ノルマさせ達成すれば、好きな時に仕事をすればいいと好条件だった。

スカイラーはテッドとの不倫を続けていた。
子供部屋でウォルターが隠した札束を発見したスカイラーは弁護士に話すと、
共犯になりかねないので、彼が出ていかないなら家を出るように言われた。

そして、スカイラーが自宅に戻るとウォルターは離婚書類にサインして、
家を出て行っていた。

ソウルはウォルターとジェシーを呼び出した。
ウォルターは利益の10%を渡すので、同意するように提案されると、
ガスから届いた金をジェシーに渡し、このビジネスで稼げる最後の金だと
大切に使えよと、ガスは私を引き戻すためにお前を利用したと復帰宣言する。

ソウルは3ヵ月で300万ドルの仕事を引き受けたと聞き、資金洗浄の手数料を
17%から5%に引き下げて、ウォルターの側についた。

ハンクはエルパソに行かずにキャンピングカーの手掛かりを追ってたことで、
相棒のスティーブが代わりにエルパソに行くことになった。

それでも諦めずにキャンピングカーを調べると、盗まれたのに被害届を
出してない1台を見つけ、犯人は2ヵ月前に死んだコンボとわかった。
ハンクはコンボの部屋でジェシーと撮った写真を発見する。

ウォルターはラボで大学で学士号や博士号を取得したゲイルという助手を得た。
化学オタクらしく、ガスはウォルターが死んでもゲイルでラボを運営できると
考えたのかもね。

ジェシーはハンクに見張られてるとは気付かずにスキニー・ピートと
バッジャーと仕事を再開しようとしていた。
マリーはハンクが帰って来ないので心配し、ウォルターがピンクマンのことを
知ってると教えて、ハンクはウォルターに元教え子のピンクマンの
キャンピングカーのことを尋ねた。

ウォルターはソウルにDEAの義弟にキャンピングカーのことがバレたと連絡し、
自分で何とかしろと言われ、整備工場にあったキャンピングカーを
処分しようとするが、バッジャーから連絡を受けたジェシーがハンクに
尾行されてると気付かずにキャンピングカーの在りかまで連れてきてしまう。

ウォルターとジェシーはキャンピングカーから出られず、ハンクはドアを
こじ開けようとするが、スクラップ場のオーナーが私有地で令状がないと言い、
ハンクは令状が来るまで動きそうもなく、ウォルターはソウルに電話した。

マリーが交通事故に遭ったとハンクに電話させて、追い払うことに成功し、
キャンピングカーは無事にスクラップ処分された。

ガスの店に連日、トゥコの従兄弟2人が居座っていた。
場所を移動し、ガスはウォルターとの取引が終わるまで手を出すなと言うと、
もう待てないと言われ、ガスはウォルターはトゥコを裏切ったが
殺してないと言うが、彼らはハンクが殺したと知ってるがボルサに
手を出すなと言われてたが、ガスは国境北は私の縄張りだから許可すると、
ハンクの命と引き換えに取引した。

ウォルターは何とかハンクの追跡から逃れ、メス作りも再開したが、
そのせいでハンクが命を狙われることになるとは。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン4 BOX(6枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン4
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ