2015年03月22日

Law&Order:UK シーズン2 #4

風俗課の刑事ピーター・ガーヴィーの射殺死体が公園で発見された。
ガーヴィーと幼馴染で親友だったデブリンは現場に駆けつけてショックを受ける。

何者かに殺害されたと捜査してたが、ガーヴィーは倉庫から銃を持ち出していて、
ガーヴィーの妻から夫はニュージェント神父と数回会っていたと証言する。
ニュージェントはデブリンたちが幼い頃に侍者として奉仕していた教会の
神父だったが、少年たちに性的虐待をしていた。

被害者だったハリーからガーヴィーは勤務外にニュージェントを起訴しようと、
監視してたのがバレて、1万ポンドで忘れてくれと言われてたと判明。
ガーヴィーはずっと悩んでいたが、デブリンはそれを知らなかった。

鑑識結果からガーヴィーが自殺だったと判明し、最初に現場に到着した
警官が遺族のことを思って、証拠を隠滅していた。
ガーヴィーはニュージェントを殺すつもりだったができずに自殺したと推測し、
検察はニュージェントをPTSDで苦しんでたガーヴィーへの故殺容疑で起訴した。

枢機卿はニュージェントの事件の調査には協力できないと告げる。
デブリンはハリーに法廷での証言を頼み、ニュージェントがガーヴィーと
一緒にいたことを証言するが、自分のことを聞かれると答えられずに取り乱した。

ニュージェント側はガーヴィーから恐喝されて、息子の口座に1万ポンドを
入金したと言い出し、妻はお金の件を知らなかった。

スティールはハリーが教会に対して、民事訴訟を起こすとハッタリをかけると、
教会はニュージェントの昔の教区をまわって、すでに被害者たちに話を聞いていて、
その資料を検察に渡した。

44人の証言リストを突き付けられたニュージェント側は取引を申し出るが、
スティールは拒否した。
そして、デブリンは法廷でガーヴィーへの虐待行為を証言した。

陪審員はニュージェントに有罪判決を下した。
デブリンは自分は被害者でないと思ってるが、自信がないとブルックスに告白。
彼は被害者ではないと思うけど。

Law & Order UK: Season One [DVD] [Import] - Law & Order UK

Law & Order UK: Season One
posted by Jasmine at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ