2015年03月12日

ブラックリスト シーズン2 #4

レッドはワシントンで無差別殺人事件が増えてるのは政府の洗脳実験が
行われてるからだとリズに教えた。

犯人たちは匿名の中傷から人生が崩壊し、DNA検査で“戦士の遺伝子”と
呼ばれてる攻撃的になりやすい遺伝子を持ってるとわかり、該当者を
殺人者に変えている可能性が浮上する。

クーパーはリズに軍の基地や大学で秘密裏に洗脳実験が行われてると
国防情報局の極秘計画“サブプロジェクト7”の存在を教えると、
親友で極秘計画の監督者シェリダン議員に会わせた。

シェリダンは過去に研究はあったが成功しなかったと、凶悪事件の急増は
政府の極秘計画とは関係ないと否定し、シェリダンから送られてきた
資料は塗りつぶしや暗号で使えなかった。

ナヴァービはモサドの解読屋なら解読できるが、保護されて接触できないと
聞いたリズはレッドに連絡する。
レッドは昔、クラップスの勝負でハスケルを怒らせたので、失った金に
利息をつけて機嫌を良くして、リズはサブプロジェクト7の取材をしてる
記者として同行し、解読済の資料を見せてもらい、写真に映ってる
研究助手のライナス・クリール博士が犯人たちの共通点だと判明。

クリールのPCにアクセスするためにリズは患者として潜入し、パスワードを
盗み出して、侵入すると次のターゲットがダンカンだと判明する。

シェリダンが出席するコミュニティ・フォーラムで戦士の遺伝子の件で
発言していると、クリールに操られたダンカンが外で銃を乱射し始めた。
FBIが駆けつけると、クリールは実験を証明するために自分を撃つように
仕向けて腕を撃たれると、駆けつけたリズに銃を突き付けて人質にする。

クリールはスナイパーに射殺されたが、スナイパーはモーテルにいた男で
レッドがマリクが死んだ日からリズにつけてた護衛だったとは。
リズも警戒してるわりには見破れないし。

レッドはナオミに安全のために新たな土地でやり直すように説得するが、
フランクはどこにも行かないと拒否するので、ヴァルガスをフランクの
愛人モニカの元に送った。

ヴァルガスはモニカがペットの犬への扱いがひどいので、彼女を追い払い、
犬をもらい受けて、レッドに脅されたフランクは指示に従うことに。
ミスターキャプランに続いて、ヴァルガスという個性的キャラの登場は
なかなか面白いな。

リズはナオミの居場所を突き止めたが、肝心なことは聞き出せず、
ナオミはリズについて何か知ってるみたいだったのに。
フランクと去ってしまったナオミは再登場するのかな?

ブラックリスト SEASON 1 COMPLETE BOX [DVD] -

ブラックリスト SEASON 1
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ