2015年02月22日

Law&Order×陪審評決 クロスオーバーSP 後編

本家と陪審評決のクロスエピ後半は、SVUからマンチッチまで登場!
マッコイはグリーンとペルーソが銃撃された事件を担当したいと思ってたが、
別の裁判が始まるとブランチ地方検事はカイバーに事件を担当させることに。

カイバーは捜査は検察主導で行い、フォンタナとサラザールと組ませることに。
グリーンは再手術を行ったりと予断を許さない状態だったが、意識が戻ると
犯人はヒスパニック系の男で狙いはペルーソだと証言した。

ペルーソは風俗課にいた時、非公式に停職処分となり、年金もなかったと、
SVUが買春で逮捕したとわかった。
サラザールはマンチから内務調査部が出てきたり、証人が逃げたりしたので
起訴できなかったが、マンチッチは初めての不祥事ではないと断言し、
ペルーソが死んで気分がいいと、サラザールに奢るとはマンチッチらしい。

ペルーソの元相棒から娼婦の金をゆすったり、サービスさせたりとしてたと、
オルティスとペルーソは組んでたことを聞き出した。
グリーンはオルティスが犯人だと特定し、オルティスを署に連行すると、
雇われたと検事との取引を要求する。

オルティスからペルーソがルーカスから娼婦を使って、ポルノを撮りたいと言われ、
オルティスの娼婦を手配したが、特殊な趣味にオルティスは断ったが、
出所後に金に困ってたオルティスはルーカスから1万ドルで、女を殺したことを
知ってるペルーソを殺せと依頼された証言した。

オルティスがルーカスから残りの報酬を受け取りに行くのにサラザールが
おとり捜査で同行するが、慎重なルーカスは話に乗って来ず、銃を出したので
ルーカスを逮捕するが約束の金は持ってなかった。

ルーカスが雇った女性弁護士ブレアはルーカスが持ってる3棟のビルのうち
1つを保釈金に1つを弁護料、残りの1つは成功報酬としてもらうことで
取引するなんて、なかなかの悪徳弁護士。

拘留中の男からルーカスの作るビデオを買ってる客の情報と取引を持ちかけられ、
顧客のフェルプスはルーカスから女性を殺害するビデオを買っていたとわかった。
そのことをペルーソは証言しようとして口封じされたとわかった。

被害者ステファニーの母親は娘がルーカスと暮らしてたと認めた。
陪審員たちにステファニーが殺害されるビデオを見せて、検察は有利になる。
ブレアはルーカスと寝た後にあるアパートに連れて行かれるが、ビビりながら
そのアパートに入って行った。

翌日、法廷に遅れてきたブレアは死んだはずのステファニーを連れてきた。
ルーカスがペルーソを殺した理由が他にあると、ステファニーを追及すると、
ペルーソといた女が麻薬で死んだので、ルーカスが女を病院に置いてきたと。

その女はマンチが言ってた逃げた証人ジョディでルーカスが始末したと、
身元不明の遺体を掘り起こして、ジョディは射殺されたとわかった。
凶器がルーカスの銃と一致するが調べることに。

陪審員はルーカスに無罪判決を下し、裁判所から出てきたルーカスを
フォンタナとヴァン・ビューレン警部補がジョディ殺害容疑で逮捕した。
最後は本家がルーカスを逮捕してくれて良かった。

Law & Order: Trial By Jury - Complete Series [DVD] [Import] -

Law & Order: Trial By Jury
posted by Jasmine at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:Trial By Jury(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ