2015年02月06日

ナイトシフト シーズン1 #2

今夜もドタバタのナイトシフトだった。
保安官補のニックが胸に銃弾を受けて搬送されてきた。
ニックはアフガニスタンでTCと同じ隊にいて、その時にも胸を撃たれた。
TCは兄サッドと犯人を追っていて、サッドは銃弾に倒れてしまい、
兄の心臓をニックに移植していたのだった。

なんとか一命を取り留めたが、心臓手術が必要で、移植手術を行った医師
フラナリーを呼んだが、ラゴーサはTCが勝手に外部の医師を呼んだと怒るが、
トファーから事情を聞き、オペができるように理事会で話してくれることに。
しかし、ニックの心臓の修復は無理とわかり、2度目の移植は難しかった。

ドリューは腕を骨折した少年アンソニーを診察するが、母親の虐待を疑い、
精神科医のランドリーに診察を依頼すると、アンソニーに他の人格の
少女グレイシーが出現して、多重人格障害と判明。

原因は虐待だろうと、母親の資料を取り寄せるためにラゴーサも協力して、
警察と児童保護局も動き出した。
ランドリーとジョーダンは母親を追及すると、母親も腕にアザを作ってた。

ランドリーは母親に手錠をかけて、アンソニーに母親を虐待で逮捕したと言うと、
別の凶暴な人格が現れた。
母親は被害者だったみたいだけど、アンソニーがそうなった原因はなんだろう?

トファーは麻薬常習者のウィリアムが偏頭痛を訴えて、また薬が欲しいと言われ、
追い払うと、彼は病院の屋上から飛び降り自殺を図った。
トファーは懸命に治療するが、TCは脳死状態だと死亡宣告するように告げた。

ウィリアムの両親と話して、ニックのドナーになることを了承してくれたが、
人工呼吸器を外したら、自発呼吸をしたので、TCとトファーは緊急オペする。

インターンのポールは老女の診断を任されるが性病で、他にも同じホームから
性病患者の老人を担当させられ、新入りだから仕方ない。
同じ新人のクリスタはからかわれても、ジョークでかえしたりと度胸があるが、
ポールもいつか成長するのかな?

信号無視の車が結婚式の列に突っ込んで、花嫁と花婿、付添人が搬送される。
みんな命に別状なかったが、花婿はヒゲを絶対剃らないので、寝ている間に
付添人たちがジョークで剃ったら、鍵十字のタトゥーが出てきた。

花嫁は花婿の素顔を見て、ショックを受けて、大ゲンカする。
若気の至りでタトゥーを入れたらしいが、除去手術で傷だらけになるのが嫌で、
ヒゲを生やしたらしいが、これは大問題だね。

ラゴーサはランドリーに3ヵ月前に奥さんが子供たちを連れて家を出て行き、
子供に会えないのが辛いと告白。
病気のこともあるし、ラゴーサもいろいろ大変だな。

ウィリアムは助かったが、時間稼ぎのオペを受けたニックは助からず、
TCには兄を2度失った気持ちだろうな。
サッドのお墓にいると、トファーやジョーダンもやってきた。

TCは軍を除隊になったらしく、サッドともまだ何かありそうな感じで、
ジョーダンはニックに恩があると言ってたし、そのあたりも描かれるかな?

night.jpg
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトシフト(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ