2015年02月01日

SUITS/スーツ シーズン2 #11

ハーヴィーの顧客の息子リーアムがひき逃げ事件を起こした。
マイクは両親を飲酒運転の事故で亡くしてたのでハーヴィーはこの件から
降りるように言うが、マイクは仕事はできると約束する。

パーティーからの帰り道だったがリーアムは飲酒してなく、車の損傷から
相手は突然、飛び出してきたと思われ、被害者のアルバート・チャンは
ERに搬送されて容体は安定してるとわかった。

リーアムは通報してたことから、後でバレるよりも出頭した方がいいと出頭し、
付き添ったマイクは16歳の時に禁止薬物の所持で捕まった過去を話した。

ハーヴィーとマイクは女性検事補のベネットから通報を辿られるとわかって
出頭したと、アルバートが死亡したので、10年の懲役を提示される。

リーアムがアルバートに気付かなかったのは落書きをして逃走中だったからと、
マイクがベネットに告げると、事務所への転職で取引を持ちかけられて、
取り合えずハーヴィーにかけあうことで、取引を成立させた。

ハーヴィーはマイクにアルバートの遺族との和解を任せることに。
アルバートの両親は英語が話せず、英語を話せる姉はアルバートは不良だから、
弟の借金返済と葬儀費用の2万ドルを提示し、マイクは上限の10万ドルを
支払うと言ってしまう。

ルイスはアソシエイトを雇うために女ルイスことシーラに候補者との面接を
手配してもらい、ホテルのキーを渡される。
ルイスは強気なマリアを専属アソシエイトに選んで、シーラからマリアを
説得してあげるので、私を満足させてと言われてるし。

マリアはルイスのオファーを受けたが、紹介されたドナはマリアが
ハーバードの同期の名前を全員覚えていて、マイクはいないと知ってたので、
すぐにハーヴィーに報告し、ハーヴィーはジェシカに報告する。

ジェシカはルイスに事務所の立て直しが優先だと、新規採用を凍結すると、
マリアに採用を取り消すように命じた。

マイクはリーアムの取引が成立したので、リーアムにサインをもらいに行くと、
サイン後にリーアムは事故当時、ハイだったとマイクに告白する。
マイクはハーヴィーにハイだったと報告するが、検事局は気付いてないし、
取引は成立してると取り合わない。

マイクは両親の事故の示談交渉に来た弁護士のリナルディと変わらないと
納得できずにリナルディに会いに行くが、彼はマイクのことを覚えてない。
マイクはベネットにリーアムの薬物使用を告げるが、ベネットは判事に
司法取引成立したと言い、リーアムは社会奉仕活動を命じられた。

リーアムが麻薬使用した証拠はないし、弁護士の主義義務をやぶってるし、
結局、ハーヴィーがベネットを雇うことになり、マイクはハーヴィーに
心を入れ買い得ないと解雇にすると言われ、そろそろ立ち直らないと。

ハーヴィーはゾーイとのデートだったが、ゾーイが幼い姪のオリヴィアの
子守をしてたので、彼女の自宅でデートすることに。
そして、次のデートに誘いに行くが、ゾーイは弟がガンで余命わずかとわかり、
実家に戻って、オリヴィアを育てると決心し、ハーヴィーの恋は終わって残念。

マイクはレイチェルにテスが人妻だと言う必要はなかったし、レイチェルが
言ってたように不倫はきれいに終わることはないだろうな。

マイクはテスに別れを告げて、やっと心を入れ変えて生きる決心をした。
最近のマイクにはウンザリしてたので、変わってくれるといいけど。

SUITS/スーツ シーズン2DVD-BOX -
SUITS/スーツ シーズン2
posted by Jasmine at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ