2015年01月28日

ホワイトカラー シーズン5 #13(終)

シーズンファイナル。
モジーはレベッカに襲われて、倒れてるのをジューンに発見された。
そして、ニールはレベッカから電話で、モジーに致死量の猛毒を注射したので、
このままだとあと数時間の命だとダイヤと引き換えに解毒剤を渡すと告げられる。

モジーを病院に連れて行こうとするが、モジーはフリーメイソンに詳しいのは
自分だからとダイヤを見つけることを優先する。

モスコーニのシンボルはヒンズーの古い数字だとわかったが、最後の2つの
意味がわからなかった。
ピーターは数字は緯度と経度をあらわして、最後は方位ではないかと気づき、
クイーンズの石の要塞だとわかった。

モジーは要塞で螺旋階段を見つけ、フリーメイソンは螺旋階段を宗教的な
はしごととらえてると、かけ上がって行くが何も見つけられず、薬の影響が
現れはじめて、ついに倒れてしまった。

モジーはニールに“六角形を調べてくれ”と言い残して、病院に搬送された。
倒れた時に何かを見つけたと推測し、天井に六角形のレンガを見つけた。
フリーメイソンは三角形を重んじていて、六角形は6つの三角形で出来ていて、
6つすべてが1点に集まっている、屋上に行ってみることに。

そこは旗竿の台座でコンパスに見立てていて、フリーメイソンの最高位は
33なので、33度の方位にあるレンガの火薬庫に行き、ニールはレンガの中に
色付けされた粘土の騙し絵を見つけて、中からホープダイヤを発見する。

ニールはレベッカにダイヤを見つけたと連絡すると、指定された引渡し場所に
1人の来いと、FBIの姿を見つけたら、逃げると言われた。

ピーターはスワットの手配をするが、レベッカはニールたちの後をつけていて、
銃を向けられたが、ニールはそっとレンガを隠し持った。
レベッカにダイヤを渡したが、解毒剤は街を出てからだと言われてしまう。

ダイアナとジョーンズはモジーが猛毒を注射された聞いて、レベッカの脱走後に
起きた窃盗事件を調べて、有毒植物の温室での事件が怪しいと現場に向かった。
監視映像からレベッカは目的がわからないように温室を荒らしてたが、
一瞬死角に入った場所と消された足跡から毒物がわかった。

エリザベスは病院でモジーに付き添うが、モジーは自分がフランス人だと思って、
ナポレオンと話してるほど危険な状態で、ダイアナたちからフィゾスチグミンを
使うように言われるが、医師は検査結果がでてないし、副作用もあるからと
拒否したが、エリザベスは医師に使うように迫って、モジーは助かった。

ピーターとニールは閉じ込められるが、ドアは手錠で施錠されていて、
ニールは外すことができず、2人協力してドアを蹴って壊した。

ニールはヘリを待つレベッカの元に行き、一緒に逃げようと持ちかけるが、
レベッカは乗ってこないので、ポケットを見ろと告げると、ダイヤはレンガに
すり替えられていて、ダイヤは応援を呼びに行ったピーターが持っていた。

ピーターが応援を呼んだので、無線で聞いたヘリはレベッカを見捨てて逃げて、
ついにレベッカは降参した。

回復したモジーは病室でワインを飲み、ダイヤは国務省の物になると聞いて、
ニールに取り戻そうと持ちかけるが、ダイヤより自由の方が大事と断られる。

ピーターはブルースにニールの刑期終了を頼んでくれて、ブルースから
上層部、そして検事総長の許可がでたら、ニールは自由の身になれることに。

しかし、上層部はニールが1度逃亡してるので、釈放を却下したが、それより
ニールをこのまま利用する方が得だということらしい。
ピーターはニールの釈放が却下されたので、エリザベスに引っ越しは止めたいと。
でもエリザベスにとって国立美術館の仕事はチャンスなので1人でも行きたいと。

ニールはモジーに自由になるためなら手段は選ばないと頼んた。
そして、ずっと尾行してる男に目的を聞くと、たぶん俺はあんたの居場所を知る
最後の人間になるだろうと言われ、ニールは拉致されてしまった!

足かせは外されて、誰かのトラックの荷台に投げ込まれ、これじゃニールが
逃走したみたいに思われる。
きっとピーターとモジーが異変に気付いて、ニールを助けてくれると信じてます。
ファイナルシーズンが待ち遠しいです。

ホワイトカラー シーズン5 DVDコレクターズBOX -
ホワイトカラー シーズン5
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | WHITE COLLAR(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ