2014年12月12日

グレイズ・アナトミー シーズン10 #20

ハーパー・エイヴリー賞の授賞式前日の夜、クリスティーナはメレディスと
飲みながら、受賞スピーチの原稿を考える予定だったが、メレディスは患者の
術後観察で病院に残ることになってしまう。

マクニール家の両親は3人の子供たちが入院中でストレスも溜まってるみたいで
子供たちの前でケンカしてたのをクリスティーナが止めて、父親には病室から
出て行ってもらい、母親にも休憩させて、クリスティーナが病室に残った。

長女アイヴィに移植した心臓の拒絶反応が出て、クリスティーナは処置をして、
アレックスは次女フランキーの姿が見えず、ブレイデンにカメラ付きラジコンで
探してもらうと、フランキーは心不全を起こして倒れていた。

クリスティーナはフランキーに補助心臓を入れて、アイヴィーとフランキーも
弟リンクと共に心臓移植の待機リストに入った。
親としては3人の子供全員が心臓移植待ちだなんてつらいだろうな。
それにしても原因解明はされないのかな?

デレクはプロジェクトが忙しくて、患者を他に回したり、予定してたオペを延期し、
レジテントたちの講義もキャンセルしたことで、オーウェンから注意される。
デレクは延期したオペを深夜に行い、レジデントたちに見学させることを決めて、
帰ろうとしてたレジデントたちは徹夜するはめに。

メレディスは術後患者が容体急変してオペに入り、デレクに子供たちのお迎えを
伝言したが、オペ中も託児所は閉まってる時間なのにデレクから連絡がなく、
心配しながらオペをした。

デレクは久々にデートするはずだったカリーとアリゾナに子供たちを頼んだが、
それをメレディスに言い忘れるなんて。

カリーとアリゾナは赤ちゃんを預かったことで、子供をどちらが産むのか話し合い、
カリーはアリゾナが流産した時にもう嫌だと言ってたので産むつもりだったが、
アリゾナは産みたいと言い出し、コイントスでどちらが産むのか決めようとしたら、
アリゾナはやっぱりあなたが産んでと、カリーが出産することに決まった。

ジャクソンとエイプリルは犬に噛まれた耳が聞こえない少女ジルを担当。
父親は耳が聞こえるが、母親のニコールも耳が聞こえなくて、ジャクソンは
ジルに人工内耳を入れることを勧めるが、ニコールは聞こえないことを
1つの個性と思ってるので怒り出してしまう。

ジャクソンはエイプリルに親として聞く力を与えないのか理解できないと
俺たちの子供なら人工内耳を入れると言うと、エイプリルは違う意見で
人工内耳のことを置き替えて、自分の信仰をバカにしてるとケンカになり、
ジャクソンは神なんて実際はいないと言ってしまう。

エイプリルは家を出て、カリーとアリゾナの家に泊めてほしいとやって来た。
生まれ育った環境や物の考え方が違う2人が一緒に暮らすって大変だね。

ベイリーはブレイデンにエイズウィルスを使った遺伝子治療を思いつき、
両親はエイズウィルスを体内に入れることに不安を感じて、ベイリーは
不活性化するので大丈夫だと説明するが、理解してもらえてないみたい。

クリスティーナはハーパー・エイヴリー賞の授賞式に出席。
会場で医師たちから囲まれて、急に不安になったクリスティーナは
メレディスに電話して、メレディスかオーウェンに付いてきてもらえば
良かったと話しながら席に向かうと、メレディスとオーウェンがいた。

ちょっと前までケンカしてたのに、メレディスはクリスティーナのことを
ちゃんとわかってるね。
そして、キャサリンが発表した受賞者はクリスティーナじゃなかった。
予告を見ると、受賞できなかった理由が何かあるみたい。

グレイズ・アナトミー シーズン5 コンパクト BOX [DVD]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ