2014年11月30日

スキャンダル シーズン3 #7

メリーは好感度を上げるために頑張ってたが、過去のシーンから彼女が
こうなってしまったきっかけが少しわかり、同情する部分もあると思った。

オリヴィアはフィッツからジェイクに近づくな、レミントンに調べるなと
忠告されるが、メンバーに父親がB613のトップで母親マヤが亡くなった
旅客機墜落事故の真相を調べてほしいと頼んだ。

オリヴィアは旅客機を墜落させたパイロットはフィッツだと告げた。
搭乗者名簿と乗客の数が1人合わず、議会で航空機事故の監督をしてたのは
フィッツの父親グラント上院議員だった。

空港のゲート係は連邦保安官が離陸直前に乗客のオマー・ドレッセンを
連行したと証言するが、ドレッセンの姿を見てなかった。
タラップ車の運転手がDCにいるとわかり、ジェイクが会いに行くことに。

メリーはホワイトハウス内での取材を受けて、好感度アップに必死だった。
フィッツは協力してくれなくて、メリーはイライラしていたが、夫妻揃っての
インタビューでメリーが責められると、フィッツはメリーをかばったのは
メリーには救いになったのでは。

15年前、幸せな結婚生活を送ってたフィッツとメリーは父親ジェリーから
カリフォルニア州知事選に出馬するためにサイラスを紹介されて、
ホワイトハウスへの第一歩を踏み出すことに。

サイラスはフィッツが戦争の英雄だとアピールする方針を立てるが、
フィッツは軍歴はアピールしないと拒否し、サイラスは帰ると言い出した。
メリーはサイラスと引き留めようとすると、弁護士の仕事を辞めることや
フィッツがホワイトハウスを目指すなら、旦那があなたの慈善事業になると
アドバイスされ、フィッツをその気にさせると宣言する。

メリーは義父からフィッツが旅客機を撃ち落としたことを聞かされる。
ショックを受けてるメリーは義父に襲われてしまった。

寝室に戻ったメリーはフィッツから1度でいいから父親に俺を認めてほしいと
謝ってほしいと頼まれ、メリーは義父にフィッツに謝るように取引した。
メリーは妊娠したが、父親はどっちなんだろう?

メリーとフィッツはサリーの夫ダニエルにコールガールを接近させるために、
サリーをアイオア出張に行かせたが、サリーにとっては支持者集めのチャンス。

ファーストレディの密着取材を他社に取られたジェームズはクビになった。
パーティでダニエルにコールガールを接近させたが失敗で、ダニエルが
ジェームズと楽しそうに話してたので、女でなく男好きだったみたい。

クインはチャーリーにハマったらしく、彼が浮気調査の仕事をすると聞いて、
現場に行き、チャーリーにキスされて落ちてしまった。
クインはチャーリーと張り込みに行き、建物からファイルを取りに行きたいが、
警備員が動かないので、クインは警備員に注射をして眠らせる役を引き受けるが、
注射の中身は毒物で警備員を殺してしまった。

ジェイクがタラップ車の運転手に会いに行くと殺害されていて、クインが
暗殺したのが運転手だった。
クインはチャーリーから殺害する映像を見せられ、B613の一員だと告げられた。
これは演技ではなく、本当に罠にハマったのかな?

フィッツはオリヴィアがローワンのことを知ってたので調べさせて、ローワンが
オリヴィアの父親だと知った。
ローワンはどこかの施設に収容してるオマー・ドレッセンに面会に行くと、
ドレッセンはオリヴィアの母親だった!

スキャンダル シーズン2 Part3 [DVD]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキャンダル(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ