2014年10月11日

ザ・フォロイング シーズン2 #14

マイクがリリーを殺害した件は、リリーがライアンに銃を向けたので
マイクが撃ち、マックスは遅れてきたので、何も見てないと報告した。
ライアンはマイクをかばい、マックスを巻き込まないためにそう報告したけど、
リリーは膝まついてし、射入角度とか調べれば、ウソがバレそうだけど。

キャロルはキャリーからクレアのメッセージを聞き、クレアが生きてると知った。
メッセージはキャロルがプロポーズした時に2人で作った詩だった。
ライアンはクレアに危険が及ぶと、保護下に入るように説得した。

タナーにプリペイド携帯が届けられ、キャロルから息子プレストンに会わせると
1人で来るように言われた。
家の周りには祈りをささげる信者が集まっていて、キャロルのフォロワーが
焼身自殺を図り、その騒ぎに紛れて、タナーは1人で出て行った。

しかし、タナーのボディーガードが発信器を仕込み、大聖堂に向かったと判明。
キャロルとフォロワーは礼拝中の大聖堂に立てこもり、信者たちを人質にして、
出入り口には爆薬が仕掛けられてた。
ライアンとマイクはその前に大聖堂の中に入ることに成功した。

FBIは大聖堂を包囲するが、中の様子を知られないように監視カメラを切られてた。
キャロルはカメラで撮影させて、ライブ中継を始めたので、サイバーチームが
シャットダウンしても、ハッカーたちが接続し、キャリーたちも見ていた。

タナーをプレストンに会わせると、プレストンが殺人を犯した映像を見せて、
キャロルはこの世に神などいないと、タナーに息子を救ってくれと神に祈るか、
私にひざまつき祈るかの選択を迫ると、タナーはひざまづいてキャロルに
神はこの世に存在しないと、息子を殺さないように頼む。

しかし、キャロルはタナーとプレストンを向かい合わせでひざまつかせると、
2本のナイフを置いて、殺し合いをさせようとしたが、タナーは自分の首を切った。
キャロルはタナーが自殺するなんて予想外だったらしいが、子供を愛する親なら
そうするだろうと思うけど、そう思わないのは何かが欠落してるのだろうな。

その頃、クレアは護衛官と車に乗ってたが、催涙スプレーを使って逃走した。
廃墟のホテルに向かってキャロルを待っていたが、現れたのはエマとロバートで
エマはキャロルがクレアに執着するのが気に入らず、クレアがロバートを殺害し、
仕方なく殺したことにしようとロバートを撃つが、クレアは上階に逃げた。

クレアはエマと格闘の末に彼女を刺し、エマはその勢いで窓から地面に転落した。
エマが死んだか確認に行くと、エマはまだ生きていて、クレアは止めを刺したが、
そこにルークとマークが現れた。
大人しくしておけばいいのに、余計なことをするから面倒なことになったし。

大聖堂ではマイクがフォロワーに発砲され、侵入がバレてしまい、キャロルは
プレストンに銃を突き付けて、姿を現せと脅し、マイクは仕方なく投降する。
キャロルはライアンに出てこないとマイクを殺すと言い、銃声が聞こえた。

次回はシーズンファイナル、ライアンとキャロルの戦いに終止符は打たれるかな?

ザ・フォロイング<ファースト・シーズン>DVD コンプリート・ボックス(初回限定生産)
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・フォロイング(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ