2014年10月07日

ホワイトカラー シーズン5 #3

ニールはシーゲルからアパートを探しにお勧めの場所のアドバイスを頼まれる。
どういう人物か知るために質問してると、バツ1でシーゲル一族はエレベーターの
ボタンで財を成した資産家だったとは。

ニールとモジーが証拠品を劣化させて、ヘイガンが再審で無罪となり釈放された。
ヘイガンはニールを美術館に呼び出し、モスコーニ写本の13章を盗み出せと脅迫。

ニールは美術館の職員のレベッカに閲覧を頼むが、その写本は閲覧禁止にページを
開くことも禁止され、モスコーニが死ぬ前に世界最大の富がページが隠されてると。

ニールは足かせをしてるので盗み出すのは難しく、モジーの提案でFBIに誰かが
美術館を狙ってると言えば、捜査という名目で美術館に入れると、モジーの計画を
横取りしたゼブに一番貴重なケイツの絵を盗ませて、その前にニールが写本を
盗み出すことに。

ニールはピーターにわざと美術館に行ったりして、シーゲルをからかってると話した。
ピーターは張り込みが好きらしく、参加したがってたが、エリザベスとヤンキースの
試合を見に行く約束があり、参加できずに残念そう。

シーゲルには美術館での窃盗情報を入手したと、2人で張り込みをすることに。
ニールはレベッカから美術館のIDを盗み、モジーが替え玉を用意し、シーゲルが
その男を尾行してる間にニールが美術館から盗み出す計画だったが、野球観戦を終えた
ピーターが張り込みに来てしまった。

ニールはピーターをなんとか追い払い、美術館に侵入し、ゼブもケイツの絵を
盗んでたが警報機を作動させて、防犯扉が降ろされ、ニールは閉じ込められるが、
なんとか脱出した。

ニールがレベッカのIDで侵入したので、レベッカが共犯者だと容疑をかけられた。
ピーターは張り込みを邪魔をしたからだと責任を感じ、シーゲルの汚点を防ぐために
捜査を引き継ぎ、ニールと美術館で捜査することに。

ニールはどうやって逃げたが再現してて、防犯扉をショートさせるフリをした時に
盗んだ時と同じように手袋を外してしまい、ピーターは全部の防犯扉を鑑識に
調べさせようとするが、強盗があった防犯扉だけと提案して、ゼブは逮捕された。
ケイツの絵は美術館に戻ったが、レベッカはIDを盗まれたことでクビになってしまう。

ニールはヘイガンに13章を渡しに行くが、その様子をシーゲルが見ていた。
そして、シーゲルの遺体が発見された。

シーゲルは金持ちなのを隠して、実力でここまできた優秀な捜査官だったのに残念。
ニールとピーターのコンビ復活するには彼には消えてもらうしかなかったとはいえ、
殺されて退場とはビックリした。

モスコーニ写本のオーナーは返却を求めたので、13章が盗まれたことに気付かれそう。
ニールはレベッカがクビになったことに責任を感じてるみたいで新しい恋もあるかな?

ホワイトカラー シーズン5 DVDコレクターズBOX
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | WHITE COLLAR(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ