2014年10月03日

ザ・フォロイング シーズン2 #13

ライアンは拉致されたプレストンを追って、コーバンの施設に侵入した。
クレアはキャリーにインタビューを放送するように提案する。
それはキャロルに生きてると知らせることになるので、マイクは反対して、
キャリーもスクープよりライアンの方が大事らしく、放送する気はなかった。

キャロルはタナーにメッセージを送ると、タナーは息子の心配をするよりも、
これは信仰をかけた戦争だと言ってるし。

キャロルは集会でプレストンにコーバンの信者を殺害するように強要するが、
ライアンが発砲して阻止した。
発砲したのはライアンだとわかり、エマはFBIが乗り込んでくると逃げるべきと
忠告するが、キャロルはライアンに執着し、連れてこいと指示する。

ライアンもキャロルが捜してると知って、わざと捕まった。
キャロルはライアンの目の前でプレストンに信者を殺すが、俺に殺されるかの
選択を迫ると、プレストンは信者を殺害した。

リリーはキャロルからの電話からコーバンに潜伏してると突き止めた。
FBIもリリーの隠れ家を発見したが、マンディの死体が残されただけだったが、
リリーが雇った傭兵がわかり、傭兵が借りたレンタカーのGPSからマイクと
マックスはリリーたちがキャロルの潜伏場所に向かってると気付く。

施設にリリーが雇った傭兵が突入し、信者たちを射殺していき、キャロルは
ライアンを残して逃げ出し、ライアンは拘束を解いて、傭兵を倒したところに、
やっとFBIが到着した。

マイクはリリーは近くにいると1人で追っていき、リリーはルークとマークと
近くで待機してたが、ルークが様子を見に行ってしまい、マークが連れ戻しに
行ってる間にマイクに捕まった。

マイクはリリーを膝まつかせて、銃口を向けてると、ライアンとマックスが来た。
ライアンは俺のようになるなとマイクを説得し、マイクは諦めたかと思ったら、
リリーを射殺してしまった。

父親を殺害された復讐を遂げたい気持ちはわかるけど、ここは捜査官らしく、
思い止まって欲しかった。
ルークとマークは捕まってなさそうで、リリーが殺害されたと知ったら、
復讐に来るだろうな。

クレアはキャリーに電話して、インタビューを受けないなら、他のジャーナリスト
に連絡すると言われ、仕方なくクレアのメッセージをキャロルに向けて放送した。
キャロルはクレアが生きてると知り、彼女を取り戻そうとするだろうけど、
エマはそれを許さないだろうな。

ザ・フォロイング<ファースト・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(初回限定生産) [Blu-ray]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・フォロイング(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ