2014年09月08日

グレイズ・アナトミー シーズン10 #7

今回はハロウィン・エピソードでした。
メレディスはアレックスの家で子供たちを集め、ハロウィン・パーティーを開くのを
クリスティーナに言い忘れていて、メレディスは良かったら参加してと。

アリゾナはリアと一夜を過ごし、目覚めたリアはお手軽女だとさっさと帰った。
顔を噛まれたヴィクターと彼を噛んだドラッグ依存症の患者が搬送されてきた。
ドラッグ依存の患者は胸を2発も撃たれたのに生きていて、リアは男の心音を
確認しようとして、首を噛みつかれて、傷口には男の歯が付着していた。

HIV検査の結果を待ってるリアが泣いてると、アリゾナが針を刺した話をして、
お手軽女にならなくていいと慰めるけど、リアが本気になっていいのかな?

男はすべての臓器が左右逆にある逆位とわかり、オペを担当したオーウェンが
戸惑ってると、クリスティーナは複雑に考えすぎとアドバイスして、
いいパートナーなのにと思ってしまった。

オーウェンはエマにクリスティーナと結婚してたことを話してなかったことで、
準備できたら電話してと言われてしまう。
オーウェンはエマに電話したので、やっぱりエマと付き合うのかな?

アレックスとジョーは少女のタリンを担当。
感染症でアドレナリンが作れず、外傷やショックなどで死に至るおそれがあった。
父親が目を離したすきに、タリンはお菓子をもらおうとベッドから出てしまった。

シェーンは不気味な老婆から主治医のヘザーを呼んでほしいと頼まれる。
ヘザーが死んだと言えずにいないと答えるが、戻ってくると老婆は待っていた。
老婆が喘息が悪化して苦しむ姿を見たタリンはショックで倒れてしまったが、
すぐに処置してタリンは助かった。

ヘザーはホームレスや保険がない訳ありの人を受け入れていて、シェーンは
老婆にヘザーは亡くなったと伝えて、喘息の薬を渡して、俺が担当医だと
使い切ったら俺を捜しに来てと、ヘザーのようないい医者になると誓った。

病院嫌いで脚の傷を放置して、ウジがわいたマージが息子に病院に連れて来られ、
メレディスは怯えるマージにアイマスクをして付き添って、カリーとオペを行った。
カリーはマージから親子で祝えるハロウィンはせいぜい10回と言われたことで、
アリゾナを避けて行かないつもりだったメレディスのパーティに出席することに。

リチャードは自分のオペをレジデントにさせると決めるが、ベイリーが反対するので、
担当を外して、メレディスに監督役を頼んだ。
リチャードはメレディスに代理人にしたのは間違いだったと責めたことを謝罪して、
今があるのは君のおかげだと言われて、メレディスは引き受けた。

ステファニーはレーシック手術を受けたばかりで視界がぼやけて、リアは噛まれて、
シェーンは老婆の担当中で、残ったのはジョーだけだった。
ジョーはオペ中にメレディスにアレックスのことを相談しようとするが止められて、
彼は信頼して話したのなら、ジョーが寄り添うべきとアドバイスした。

ベンが家族でハロウィンを祝おうとシアトルに帰って来た。
デレクはベンとゾラのコスチュームを直していて、研究中のセンサーアレンの
アイデアを思い付くとはね。

ベンはベイリーに家族と暮らしたくてUCLAのレジデントを辞めてきたと告白するが、
ベイリーからあなたにガッカリしたと言われてしまう。

クリスティーナはハロウィン・パーティにメレディスに頼まれたカップケーキを
持っていくが、メレディスが子供たちやママ友と一緒にいる中に入っていけずに
ケーキを置いて、ジョーの店に行き、店にいたシェーンと飲むことに。

アレックスはジョーとずっと話をしなかったが、メレディスにアドバイスされて
ジョーはティンカーベルのコスチュームで謝罪に行き、やっと仲直りできた。

グレイズ・アナトミー シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ