2014年07月14日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン2 #17

中古車販売会社の社長の息子テッドが店の車に乗ると爆発した。
爆発したベンツは入荷したばかりで、テッドはポルシェで出勤し、
ベンツには初めて乗ったとわかる。

テッドはメキシコ行きの船で知り合ったダレンにオンラインショップの
立ち上げに協力したもらううちに恋人関係となり、妻のオリビアと離婚して、
ダレンと結婚しようとしていた。

ベンツはオリビアにあげる予定だったが、彼女はレクサスがいいと言ったので、
テッドはダレンにプレゼントするつもりで乗ったのだった。

オリビアは離婚に応じるとわかると、テッドはダレンに吹き込まれて、
お金を隠し始め、義父は止めようとしたが、今日25人を解雇しようとしてたと。
解雇通知を渡された従業員はこの機会にうやむやにしたくて黙っていた。

ベンツはエンジンで起爆したのではなく、遠隔スイッチで爆発したとわかり、
犯人はテッドが乗り込むのを見て、爆発させていた。

テッドのクレジットカードで爆弾の材料が買われていて、爆弾に必要な電池は
1個なのに2つ買ってたので、爆弾はもう1つあることが判明。

テッド・シニアに解雇した従業員名簿を求めると、解雇通知を渡した時には
爆弾は仕掛けられてたので関係なく、離婚のせいで嫁に訴えられそうになったと。

会社は複数の名義で口座を持っていて、オリビアは法廷会計士に帳簿を
見せようとしてたとわかるが、テッド・シニアは帳簿の開示を拒否する。

2つ目の爆弾は経理部長のレイの車から発見され、オリビアの車には効かない
リモコンキーが発見されたので、回収した爆弾に使ってみると爆発した。

オリビアは爆発時に帳簿開示の裁判所命令を取ってたアリバイがあり、
リモコンキーに目をつぶるかわりに会社の帳簿を入手した。

テッド・シニアとレイに“テッド・キング・オート”のことを尋ねると、
シニアはそんな口座は知らないと言うが、毎週千ドルの入金と出金があり、
口座開設は31年前で、総額約197万ドルはケイマン諸島の口座に送金されていた。
会社のお金を横領してたレイは帳簿開示を求めていたオリビアを殺すつもりが、
ベンツを拒んだので標的をテッドに変えたのだった。

ラスティはおとり捜査のために車の運転を練習するが、あまりにひどいので、
レイダーは危機回避運転の訓練を受けてるサイクスにラスティの教習を頼むが、
ほんとひどい運転だわ。

ラスティは特捜班のクーパー警部補の元で作戦を開始することになるが、
重犯課は面が割れてる可能性があり、1人で参加すると聞いてビビってしまう。

おとり捜査が始まり、ラスティは指示通りに公園でチェスをしていると、
対戦相手の男から無線を切らないと母親が死ぬとメモを見せられて、
無線を切ると、合図の後頭部を触るなと後ろからついて来いと命じられる。

ラスティは指示通りに車に乗る込むと、隠れてたサイクスに後部席を
確かめろと言ったでしょうと言われ、命令した男は仲間でこれはテストだった。
この失敗がいい教訓になるといいけど。

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課~ <ファースト・シーズン> コレクターズ・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Major Crimes(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ