2014年07月11日

第66回エミー賞 ノミネート発表

第66回エミー賞 ノミネート発表が発表になりました。
今年こそはブライアン・クランストンが主演男優賞を受賞して欲しいです!
でも主演男優の候補者たちはすごい人たちで強敵ですね。
「ブレイキング・バッド」の連続作品賞も期待したいです。

主演女優候補にジュリアナ・マルグリースが復活し、「グッド・ワイフ」
シーズン4は面白いらしいので期待できるなと思いました。
個人的にはケリー・ワシントンに受賞して欲しいです。

「グッド・ワイフ」のダイアンが好きなので、クリスティーン・バランスキーも
応援したいけど、受賞は難しいかな?

ミニシリーズではイドリス・エルバ「Luther」を応援したいけど、
ベネディクト・カンバーバッチに「Fargo」キャストもいるから無理そうだな。

助演男優賞にマット・ボマー「The Normal Heart」がノミネートされてる!
「The Normal Heart」は観たい作品で、WOWOWで放送してくれないかと期待してる。


ノミネート一覧はドラマシリーズのみです。
ドラマ・シリーズ部門
●作品賞
「ブレイキング・バッド」
「ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
「MAD MEN マッドメン」

●主演男優賞
ブライアン・クランストン「ブレイキング・バッド」
ケヴィン・スペイシー 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
ジョン・ハム「MAD MEN マッドメン」
ジェフ・ダニエルズ「ニュースルーム」
ウディ・ハレルソン「True Detective」
マシュー・マコノヒー「True Detective」

●主演女優賞
ミシェル・ドッカリー「ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜」
ジュリアナ・マルグリース「グッドワイフ」
クレア・デインズ「HOMELAND」
ロビン・ライト 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
リジー・キャプラン「Master of Sex」
ケリー・ワシントン 「スキャンダル 託された秘密」

●助演男優賞
アーロン・ポール 「ブレイキング・バッド」
ジム・カーター 「ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜」
ピーター・ディンクレイジ「ゲーム・オブ・スローンズ」
マンディ・パティンキン 「HOMELAND」
ジョン・ヴォイト「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」

●助演女優賞
アンナ・ガン「ブレイキング・バッド」
マギー・スミス「ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜」
ジョアン・フロガット「ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜」
レナ・ヘディ「ゲーム・オブ・スローンズ」
クリスティーン・バランスキー「グッド・ワイフ」
クリスティーナ・ヘンドリックス「MAD MEN マッドメン」
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ