2014年05月10日

ブラックリスト シーズン1 #15

12年前に失踪した連邦検事のマーク・ヘイスティングスが発見された。
マークは精神的ショックで話せなかったが、レッドは伝説の“判事”の仕業だと。
無罪で服役する囚人が“判事”に直訴状を提出し、囚人の手から手へと渡って、
モンローの連邦刑務所にある図書倉庫に行き、無実とわかると、奪われた自由や
命を同じだけ、冤罪を生んだ者から奪うと。

マークは武装強盗で有罪となったデブスが犯行現場にいなかったという証言を
隠していて、12年服役したデブスが2ヵ月前に出所してたので解放されたのだった。
レッドによると、他にも殺人課刑事、控訴裁判事、検事らが標的になっていると。

モンロー連邦刑務所の図書貸し出しプロジェクトの職員フランクが直訴状を
回収してると疑い、リズたちが向かったが、逃げられてしまった。
倉庫から大量の直書状があり、“判事”が訴えを認めたファイルが見つかった。

陸軍のリフキンはアフガニスタンでタリバン側に寝返り、反逆罪で死刑判決となり、
明日、刑が執行されるが、リフキンは米軍がタリバンの前線基地と間違えて
空爆したと主張し、当時のFBI捜査担当者はクーパーで次の標的だと判明。

リズはリフキンに面会すると、アムネスティ・コレクティブのルース・キプリングが
精神的アドバイザーとして付き添い、リフキンは連邦検事補のトーマス・コノリーの
指示で、クーパーが暴行して自白させたと訴えた。

リフキンは逮捕後にクーパーに移送されてる間に2時間の空白があり、同行してた
連邦保安官は死刑に反対してるアムネスティ・コレクティブに検事のコノリーが
クーパーに暴力で自白を強要させたと告白していた。

そして、リフキンの死刑は執行され、立ち会ってたクーパーとコノリーが拉致された。
レッドは海軍で同室だったことで、とばっちりを受けて新兵採用事務所に左遷された
リチャードからリフキン事件のファイルを入手する。

リズはマークに会いに行くと“おやすみ、母さん”とリフキンがルースに言った
最後の言葉を言ったことで、FBIはルースの自宅を包囲する。
有罪が下されたクーパーは処刑直前で、リズはリースにリフキン事件の新情報を
持ってる人がそちらに行くと交渉し、レッドが向かった。

アメリカ軍は正体がバレた協力者を救出するために部隊を派遣し、リフキンは
現地のタリバン兵と活動を共にしていて、スパイがいると知って村へ向かうが、
協力者は救出された後で、村人への怒りと疑いからリフキンたちは村に火を放ち、
住民を処刑したが、アメリカ軍の諜報活動が引き金だったので隠されていた。

レッドに諭されたルースは投降し、クーパーたちも救出された。
刑務所に移送されたルースに囚人たちは敬意を払っていて、刑務所でも
彼女にできることはありそうだな。

クーパーはレッドに見返りが欲しいのか尋ねると、戦争が始まる、“郵便局”の
侵入事件とファウラー失踪は始まりにすぎず、その時が来たら、貸しを返して
もらうつもりらしく、とりあえず、リチャードのことを頼んだ。

レッドはカウボーイにジョリーンの調査を依頼する。
ジョリーンが追ってたのはレッドらしく、しばらく泳がせることにするらしい。

フロリダのトムはジョリーンと酔った勢いでトイレでキスするが、少年がドアを
開けたので、そこで思い止まり、妻を愛してると誘いを断ると、ジョリーンは
不正解よ、妻ではなくて標的でしょうと、トムの役目はリズを愛することって、
この2人は仲間なの?

BLACKLIST.jpg
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ