2014年05月07日

(終)CSI:ニューヨーク9 #17

「CSI:ニューヨーク」がグランドフィナーレを迎えました。
製作された時には放送終了が決まってなかったので、終わってもいい感じには
描けてたけど、ちょっとスッキリしない気がした。

2人組の宝石強盗犯を追跡するホプキンス巡査とジェンセン巡査は路地裏で二手に
分かれて犯人を追跡するが、ジェンセンが追ってた犯人はフェンスを乗り越えて逃走。
ホプキンスは犯人に発砲され、ポケットに手の入れて振りかえったので射殺した。

しかし、ホプキンスが射殺した大学生のティモシー・ブラウンは銃を持ってなく、
警官が1週間に2人も銃を持ってない相手を射殺したことで、署を群衆が取り囲み
抗議デモが行われ、ついには署内まで群衆がなだれ込み、乱闘になってしまう。

現場では銃は見つからなかったが、貴金属に指輪が残されていた。
シドの検視でティモシーから薬物は検出されず、発射残渣も検出されなかった。

マックはホプキンスを追及するが、発砲されたと現場に行けばわかると主張するが、
外は危険で無理なので、ホークスとアダムがカメラを持って現場に行くと、
ホプキンスが言った場所で弾丸の跡と薬きょうが見つかった。

ホプキンスとジェンセンを救急車に乗せて、署から脱出させようとしたが、
群衆が救急車を取り囲み、ホプキンスが外に連れ出されて、暴行を受けてが、
マックたちがなんとかホプキンスを救い出した。

薬きょうはブルックリンのアベニューQで発生した2件の発砲事件で使われた銃で、
フェンスを越えた犯人の遺留品の上着から召喚状が見つかり、犯人はアベニューQが
地元の人間だと推測し、ジョーたちはジェンセンを車に乗せて、アベニューQを
まわっていると、宝石強盗の2人を発見した。

犯人のレイはすぐに捕まえたが、キースは逃走し、ビルに逃げ込み、郵便受けから
銃を取り出そうとして、ジョーに射殺された。
郵便受けの銃はみんなの銃で、図書館で本を借りるように自主管理してたと供述。

アダムはティモシーが持ってた貴金属が偽物だと気付き、彼が付近で質に入れて、
犯行時刻に別の宝石店で恋人トーリーにプロポーズしようと婚約指輪を買ってた
と突き止めた。

レイはホプキンスに発砲すると、使われてない劇場に入ったが、そこに同じ服装の
ティモシーが通りかかり、ホプキンスはティモシーが犯人だと間違って射殺した。
真実を知ったホプキンスは自分を責めて、フラックは悪いのは犯人の2人だと慰める。

その様子をマックはティモシーの恋人トーリーに見せて、事件の真相を説明し、
ティモシーが渡そうとしてた婚約指輪を渡すが、辛くなるだけと受け取らなかった。
トーリーはマスコミと群衆にこんなことはもうやめてと、いつかホプキンスのことは
いつか許せるかもしれないが、犯人のことは許さないと訴えた。

事件が解決し、署のテラスにジョー、ダニー、リンジー、ホークス、アダム、
シド、フラック、ジェイミーがビールを飲みながら楽しく過ごしていた。
その頃、マックは帰って来たクリスティーンにプロポーズした。

ハッピーエンドで終わったけど、事件的にはちょっと物足りない感じがした。
病気と闘ってるシドがすごく気になるんだけど、別れを見るよりは良かったかも。
これでもう終わりだなんて寂しいな。

CSI:NY コンパクト DVD-BOX シーズン8
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ