2014年04月25日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン14 #22

またエイムズがゲスト出演してました。
署から容疑者を護送しようとしてたロリンズが狙撃される事件が発生。
ロリンズは弾が肩を貫通したが無事で、犯人は向かいのビルの屋上から45口径で
1発だけ発砲しただけでプロの犯行と推測。

ロリンズは妹の友達からジェフの件で脅迫メールを受け取ってたが、犯行時刻に
アリバイがあり、ロリンズは偶然、自分が撃たれただけと主張する。
しかし、フィンの麻薬課時代の上司のハワード警部補の息子が同じ弾で狙撃され、
死亡したことで、フィンとハワードへの怨恨の疑いが出た。

フィンは自分をかばって撃たれた元相棒のルイスに警告に行き、彼を撃った
エスコバールの関与を疑って、刑務所に面会に行く。
刑務所でエスコバールは看護師アナを妊娠させて息子も生まれ、アナは面会後に
エスコバールの手下のジョーンズに連絡を取ってたが、エスコバールを恐れて、
口を割らないので、エスコバールに自白させようとするが、アナが次の犠牲者に。

現場はテロ対策班の監視母親区域だったので、エイムズも助っ人として登場!
フィンはルイスの持ってた資料からロシア系マフィアの関与を疑ったが、
アマーロはルイスがレスベア社の銃と聞いて動揺してたのを見逃さなかった。

フィンはルイスから銃のことを探ると、彼は凶器の銃を持っていて自供した。
ロリンズは脚の悪いルイスが現場からすぐに立ち去れないと、警察学校に行ってる
娘のグロリアを疑うと、彼女は数カ月前に精神的理由で退学になっていた。

炎上したグロリアの車から焼死体が発見されるが、死体は違反切符を切った
交通課の警官と判明。
アナの現場の監視映像からグロリアの姿が発見され、緊急手配することに。
ガンで亡くなった母親が入院してた閉鎖中の病院に行くと、警備員が射殺されて、
病室内に犯行声明の映像が残されていた。

グロリアはフィンをかばって撃たれた父親が身体障害で退職するも回復はせずに
酒に溺れ、母親が乳がんだと診断され、母親を支えるために軍に休暇申請すると、
職務遂行能力がないと普通除隊を提案され、母親の医療費のために父親が
働き始めると、元上司のハワード警部補は障害給付金を打ち切り、母親は
治療を受けられず亡くなり、家も失ったと訴えていた。

グロリアは昔、住んでた家に今の住人の母子を人質にして立てこもり、
ルイスが説得するがダメで、フィンに来るように要求し、フィンは家に入って、
説得した隙に体当たりし、グロリアを確保した。

Law & Order: Special Victims Unit - Twelfth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ