2014年04月23日

CSI:13×CSI:NY9合同捜査スペシャル

CSI:ベガスとNYのクロスオーバー・エピソード。
ベガスでは別の事件も起こってたけど、マックの絡む事件だけを書いてます。

マックはベガスでの業界イベントに出席してるクリスティーンを驚かせようと、
休暇を取って、ベガスにやって来た。
ラッセルはマックとは学会で知り合いだったらしく、マックのサプライズのため、
セリーヌ・ディオンのチケットを取っていた。

マックはクリスティーンに電話するが、イベント中で出られないのだろうと、
ラッセルとクリスティーンのホテルに行くと、ドアノブに血痕があり、部屋の中は
争った形跡があった。

フィンとニックが部屋を調べると、ベッド下から血が付着した男物のシャツを発見し、
部屋から採取したガラステーブルの破片の中にダイヤが見つかった。
ダイヤの製造番号からサダト宝石店に向かうと、店主のサダトの射殺体に
クリスティーンの携帯電話を発見した。

犯人は店主に撃たれ、その血痕がホテルの部屋と血痕と一致した。
宝石店の金庫からジミー・ボイドの指紋が見つかり、彼はクリスティーンの店の
支配人で、ギャンブルの問題があり、クリスティーンは解雇しようとしていた。

クリスティーンの携帯履歴からボイドとサダトと頻繁にメールして、サダトの出資で
ベガスにレストランをオープンする予定で、マックはそんな話は聞いてないし、
クリスティーンではないと否定する。

ボイドはサダトの車で逃走し、見つかった車のトランクからNY在住で前科ありの
キムの死体が見つかり、ホテルと宝石店の血痕と一致し、ボイドの相棒と判明。
サダトの車に付着した塗膜片から盗難車で逃走したボイドを捕まえる。

ヤミ金の取立てに困ったボイドはサダトがベガスで出資したいとの申し入れを利用し、
キムをクリスティーンに仕立てて、弟にクリスティーンを監禁させた。
しかし、ヤミ金がボイドの弟とクリスティーンをさらって、ダイヤと引き換えだと
脅迫されていて、クリスティーンはニューヨークにいるとわかった。

マックはクリスティーンを救出するために、ボイドをNYに連れて行くと言い出し、
ラッセルも協力するために一緒にNYに行くことに。

ニューヨークに戻ったマックはラッセルたちとボイドがヤミ金のゼインとの
取引現場に張り込むが気付かれて、ゼインは逮捕したが、手下は射殺された。
マックはゼインからクリスティーンの居場所を聞き出そうと、負傷した腕を掴むが、
ゼインは口を割らなかった。

シドは手下の検視を行い、歯の治療とタトゥーからエジプトのギャングと推測。
リンジーは手下のポケットからクリーニングの控えを見つけ、店主のナイラから
手下のファラジが店から用心棒代を集金してたと聞き出す。

ゼインはエジプトでの殺人容疑でインターポールが指名手配していた。
マックに“午後3時に電話する”のメッセージと切られた人間の舌が届いた。
そして、マックは午後3時より前にかかって来た電話に出て、ラボから抜け出すが、
ラッセルはそれを見逃さずに尾行する。

午後3時にCSIに電話が入り、ジョーたちは発信源に向かうが、使い捨て携帯が
捨てられていて、指示された場所にも封筒はなかった。

マックは指示された場所で舌を切られたボイドの弟の死体を発見する。
そして、犯人はクリスティーンに電話をかけさせ、マックに“ゼインと引き替えに
クリスティーンを返す”と告げた。

連邦保安局がゼインを引き取りに来たが、フラックとラッセルが協力して、
マックはゼインを署から連れ出した。

ファラジが持ってたアラビア文字のメモは集金リストとわかり、そこにはナイラの
クリーニング店が入ってなく、ゼインとナイラは兄妹と判明し、クリスティーンが
ボイドの弟の死体に血で描いたマークがナイラの店の向かいの店のマークだった。

ジョーたちはクリーニング店を調べると、クリスティーンたちが監禁されていた
痕跡が残っていて、ナイラは組織の黒幕だった。

マックは取引場所に行くが、クリスティーンはいなくて、マックは男の1人を撃ち、
もう1人にロシアンルーレットで脅して、クリスティーンの監禁場所に案内させた。
そして、マックはクリスティーンを救出した。
これでマックはクリスティーンのことをもっと大切に思うだろうね。

CSI:NY シーズン8 コンプリートDVD BOX-1
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ