2014年04月04日

(終)プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #13

ついに「プライベート・プラクティス」がグランドフィナーレを迎えました。
ナオミがゲスト出演して盛り上げてくれましたが、予想外の結末に驚いたけど、
みんながハッピーになれたので良かった!

アディソンとジェイクの結婚式にナオミもニューヨークから駆けつけた。
和やかに行われたパーティでサムは再会したナオミといい感じになりベッドイン。

3か月後、ヴァイオレットは6年前から両親と恋人を一緒に交通事故で亡くした
ホリーのセラピーをしてたが、ホリーがパリの名門料理学校ル・コルドン・ブルーに
合格したが、ホリーはヴァイオレットと離れたくなく、パリに行かないと言い出した。

ヴァイオレットはホリーのためにパリに行くように説得し、ホリーも決心した。
ホリーの見送りにきたヴァイオレットとの別れのシーンは感動的だった。
ヴァイオレットはホリーにとって、家族のような存在だったのだろうな。

クリニックにやってきたミランダが発作を起こし、聖アンブローズ病院に搬送された。
ミランダはおむつをしてる姿などをシェルダンに見せたくないと去って欲しいと頼む。
シェルダンはミランダと最後の日々を過ごすために仕事を辞めると決断して、
喜んで介護をすると思いを伝えたことで、一緒にビーチでのんびりと過ごすことに。

ジェイクはアンジェラが大学を休学して、ローマに行くイーライに付いて行くと
言い出したので反対する。
しかし、アンジェラは大人だし、引き止めることはできないと受け入れることに。

クーパーは三つ子の世話をするために仕事を休んで、専業パパになった。
1人で三つ子の世話をするのは大変で、5日もシャワーを浴びずに同じ服を着て、
限界にきたクーパーはシャーロットに子守を雇うことを要求し、仕事に復帰した。
6人家族がベッドで一緒に寝ている姿は幸せそうだったな。

ナオミが突然、クリニックにいたアディソンを訪ねて来るが、ナオミは妊娠していた。
ファイフとは別れていて、ナオミとサムの様子からアディソンはお腹の子の父親は
サムだと気付くが、ナオミからサムに言わないでと口止めされる。

アディソンはサムにナオミはファイフと別れ、まだあなたを愛してると告げたことで、
サムはステファニーと別れてニューヨークのナオミの元に向かった。
ナオミはサムから愛してると告白されるが、アディソンから妊娠のことを聞いたと思い、
あなたの子を身ごもってるからってと言ったことで、妊娠を知ったサムはビックリするが、
サムは知らなかったと知り、ナオミはサムを受け入れて、2人は結婚式を挙げた。

ヴァイオレットは2冊目の本を書き終えたとみんなに報告する。
本のテーマは喜び・人生という旅についてで、患者たちやクリニックのメンバーたちの
ことが書かれていて、本のタイトルは“プライベート・プラクティス”だと告げた。

ナオミの登場から急展開となり、ステファニーはいい人だったので気の毒だったが、
デルの娘ベッツィーもナオミの元で幸せに暮らしてるとわかって良かった。
波乱万丈なクリニックのメンバーたちもハッピーになれて良かった。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン6<ファイナル> コンパクト BOX [DVD]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ