2014年03月20日

ポリティカル・アニマルズ(全6話)

シガニー・ウィーヴァー主演の「ポリティカル・アニマルズ」が終了!
誰かをモデルにしたような作品だったけど、政治的な駆け引きに家族問題が描かれ、
なかなか面白かった。

国務長官エレイン・バリッシュ(シガニー・ウィーヴァー)は第42代大統領バド・ハモンド
(キアラン・ハインズ)の元妻でTJ(セバスチャン・スタン)とダグラス(ジェームズ・ウォーク)
の双子の息子がいた。

2年前にエレインは大統領選に立候補するが、予備選で現大統領のガルセッティに敗れ、
浮気癖が治らないバドと離婚し、ゲイのTJは薬物依存症で半年前に自殺未遂を図り、
ダグラスは首席補佐官としてエレインを支えていた。

エレインは自分の好意的な記事を書かない新聞記者のスーザン(カーラ・グジーノ)の
独占取材を受けることに。
スーザンは何度も浮気をする夫と別れずにファーストレディとなったエレインのことを
理解できなかったが、エレインはバドのことを本当に愛してたから別れられないのだった。

TJの自殺未遂が公になり、エレインはバドにすぐに会いたいとモーテルで愛し合ったりと、
2人の護衛もやれやれって感じだったので、いつもこんな感じなんだろうね。

TJは妻子ある議員と不倫してたが、副大統領に浮気がバレた不倫相手に捨てられたのが、
きっかけで自殺を図り、それを知ったバドが大統領の前で副大統領を殴ったのは最高だった。

ガルセッティはちょっと決断力に欠けていて、そこがエレインには納得できずに
自分が大統領になるべきと再出馬を決意させることに。
しかし、前回の大統領選で家族は大変な思いをしたので、家族がバラバラになると
ダグラスはスーザンに母親の再出馬をリークしてしまう。

しかし、選挙アナリストにエレインが当選する可能性があると言われたことで、
ダグラスは応援する気になるが、スーザンを止めることはできず、婚約者のアン
(ブリタニー・イシバシ)がいるのに、なりゆきで彼女と浮気をしてだけでなく、
エレインの辞表をスーザンに渡してしまった。

エレインは外遊に出発する直前のガルセッティに次の大統領選で副大統領候補として
一緒に出馬して欲しいと打診される。
ダグラスから辞任のことをスーザンにリークしたと打ち明けられたエレインは、
スーザンにこのままだとダグラスの政治家としての人生が終わってしまうと、
ガルセッティからの提案を受けると告げた。

アメリカ人ジャーナリストがイランでスパイ容疑をかけられて拘束されたり、
中国の原子力潜水艦がサンディエゴ沖で座礁したりと、エレインの手腕で解決したが、
最後にガルセッティ大統領の乗ったエアフォースワンが墜落したとの連絡が入った。

ひとまずエレインは国務長官として止まるが、エレインと大げんかしたダグラスは
アンと駆け落ちして、2人だけで挙式をしようとするが、エレインたち家族が駆けつけ、
みんなの祝福されて結婚した。

バドはエレインに大統領選に出馬するだろうと尋ねると、微笑んでたのでありだろうね。
あの副大統領には任せられないだろうし。
エレインはパワフルで優しさも兼ね備えた女性なので大統領の器だと思うけど、
あのハイウエストのファッションが気になって、体型隠すためなんだろうか?
シーズン2は製作されないので、エレインの大統領になった姿を見られないのは残念だ。

Political Animals: The Complete Series [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ