2014年03月08日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #9

今回はシェルダンのメインエピで、サラの失踪事件もやっと完結した。
シェルダンは前立腺ガンが見つかり、元妻ローラに告げるが、彼女は去ってしまった。
病院に呼び出されたシェルダンはタキシード姿のまま聖アンブローズ病院に行くが、
この日はサラが失踪した日だった。

サラ失踪から37日、シェルダンはセラピーを受けてる精神科医にニックがサラを
連れ去ったのではと疑ったことを後悔してることやガンについに話していた。
アメリアがアディソンの指輪に気付き、ジェイクと婚約したと聞いたサムは複雑そうで、
シェルダンもお祝いを言うが、放射線治療の後だからか意味不明だった。

ずっとシェルダンをさけてたニックが突然、クリニックに訪ねてきた。
ニックが同僚のアリッサと交際を始めたと話すと、シェルダンは思わず彼女の
年齢を聞いてしまう。

サラ失踪から52日後、シェルダンは放射線治療で、サラが失踪した日に出会った
ミランダと再会するが、乳がんのミランダはガン患者つながりで仲良くなった患者を
亡くしたことで、話はするけど、友達にはならないと告げられる。

そして、ジェームズから性犯罪の前科がある清掃スタッフがサラ誘拐の容疑者として
逮捕されたと聞いて、シェルダンはニックが犯人でなかったと安心する。

サラ失踪から80日後、シェルダンはミランダと話すのが楽しみになり、ガンの話は
セラピストや同僚にしないでミランダに話してると言うと、ミランダは私は末期の
ガン患者なので、別の話し相手を見つけてと言われてしまう。
その後、ミランダからランチに誘われたシェルダンは断ってしまった。

犯人は逮捕されたがサラの行方はわからないままだった。
シェルダンはニックの犯行ではとまた疑い始め、ニックはアリッサと上手くいかず、
傷つけたくないけど、終わらせると言い、サラを傷つける恐れがあると、友人の刑事
プライスにニックが犯人だと話すが、証拠もないので捜索できないと言われてしまう。

サラ失踪から94日後、シェルダンはサラの両親とニックをわざとクリニックで
鉢合わせて、ニックにサラは死んでるかのように話して、生きてると思う?と聞くと、
ニックは生きてると答えたので、彼に質問をし続けて、セラピー中に出て行こうとするが、
ドアの外には警官がいて、シェルダンはニックに自殺の恐れがあると入院させた。

そして、シェルダンはプライスにニックが自白したとウソを付き、警察はニックの家に
突入すると、鍵がかかった地下室のベッドの下でサラを発見した。
怯えたサラはベッドの下から出てこないので、歌を歌ってあげて安心させた。
サラの両親も駆けつけて、サラは両親と再会した。

サラの事件が解決し、放射線治療にやって来たシェルダンは姿を見せなかった
ミランダと再会すると、思わず彼女にキスして、デートを申し込んだ。

最近、シェルダンが話に絡んでこないので、体のこともニックのこともどうなってるのか
気になってたけど、サラは無事に見つかって良かった。
シェルダンとミランダはお似合いだと思うけど、ミランダは末期患者なので、2人の恋は
そう長くなさそうなのが気がかりだな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン4 コンパクト BOX [DVD]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ