2014年03月04日

THE KILLING シーズン3 #1・2

ファイナルシーズンはロージー殺害事件の解決から1年が経過した時からスタート。
刑事を辞めたリンデンはバション島交通局で働いていて、恋人コーディーも出来て、
息子のジャックは父親と暮らしていたが、いい関係を築けているみたいで、
落ち着いた生活を送っていた。

ホールダーは刑事を続け、ジャンキーみたいな風貌だったのに今ではスーツ姿の
ベジタリアンに変わって、昇進試験を目指していた。

首を切られた売春婦の少女アシュリーの遺体が発見される。
ホールダーはリンデンが担当した解決済みの売春婦が首を切られた事件と関連を疑い、
事件ファイルがないので、リンデンを訪ねたが、リンデンは感心を示さなかった。

その事件で有罪判決を受けたレイ・スワードは死刑執行が迫り、死刑執行の知らせが
届いていたが、リンデンは捜査に疑問を持ち、事件ファイルを持っていた。
今回の犯行現場を見て、ホールダーが置いてった資料を返しに行くが、犯人は戦利品に、
被害者の指輪を持ち去ってたことを知る。

リンデンはかつての相棒だったスキナー警部補に会いに行くが、スキナーはスワードが
絞首刑を望むのは彼が犯人だからと疑いを持っていなかった。
帰り際にリンデンはスキナーの妻からもう訪ねて来ないでと言われたので、2人は過去に
不倫してたみたい。

スワードは看守を騙して、スキナーに電話したが、相手にされなかった。
リンデンはコーディーに壊すのが得意なのと別れを告げ、スワードに会いに行く。
スワードの息子エイドリアンは父親が殺害した母親の遺体と6日間も閉じ込められいて、
エイドリアンが何度も同じ絵を描いていたことにリンデンは気になっていた。

リンデンはスワードに見つかってない妻の指輪のことを尋ねると、質屋に売ったと言うが、
場所は言わず、エイドリアンの絵のことを聞くと、俺に息子はいないと去った。

リンデンはエイドリアンが引き取られてる家を訪ねると、父親のことを知って
あの絵を描いてると知り、絵の場所に向かった。
するとそこには何体もの袋詰めされた遺体が浮かんでいた!

これをきっかけにリンデンとホールダーのコンビが復活するのだろうな。
また子供絡みの事件なので観るのは辛いな。

キリング/26日間 DVDコレクターズBOX1
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海ドラ サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ