2014年03月02日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #8

今回は妊婦のシャーロットを支えるクーパーの妊娠ライフを描いていた。
クーパーらしく明るく楽しくエピだと思ってたら、最後に大変なことになるとは。

妊娠8週目、シャーロットから三つ子を妊娠したと知らされたクーパーは大喜び。
妊娠12週目、アディソンの超音波検査を受けると、三つ子たちは元気で、
多胎児が淘汰される危険性もあるし、シャーロットはピリピリしてた。

妊娠14週目にシャーロットはクリニックのみんなに三つ子の妊娠を報告したが、
シェルダン以外は全員知っていたとは、ちょっとシェルダンがかわいそう。

ヴァイオレットはクーパーにピートのことで相談してたが、クーパーは頭の中は、
三つ子のことでいっぱいで話を聞いてなかったが、ヴァイオレットは話をして
スッキリしてたのでまあいいか。

アディソンはシャーロットに多胎児出産のリスクを説明するが聞いてくれず、
クーパーから減胎手術でリスクが減らせると話してもらったが、シャーロットは
中絶しないと言い、クーパーも受け入れることに。

妊娠16週目となり、三つ子のバギーを見に行くが、店員のささいな一言で、
シャーロットはケンカ腰になり、クーパー、メイソンがハグしたのは良かったな。

アメリアはシャーロットにベビーシャワーを提案すると、そういうことする女は
大っ嫌いだと言ったが、ベビーシャワーをすれば必要な物が揃うと聞いて、
乗り気になるとは現実的なシャーロットらしい。

妊娠18週目の超音波検査で三つ子は三人娘だとわかり、クーパーは大喜びするが、
シャーロットにはちょっとショックだったみたい。

妊娠19週目、クーパーはメイソンと家族6人で暮らせる家を探していたが、
ロスでは高くて見つからない。
メイソンは三つ子を産まれたら、僕より好きになると心配するが、クーパーは
家で男は僕たちだけだから団結しなきゃと安心させた。

ヴァイオレットはサポートグループで知り合ったギャビーと病院で偶然出会う。
ギャビーの脳死状態の恋人アリーが聖アンブローズ病院に入院してると知り、
アメリアにコンサルを頼むが、目覚める可能性はなかった。

妊娠24週目、シャーロットはキリスト教でクーパーはユダヤ教なので、子供たちの
宗教に関して、クーパーは三つ子に洗礼を受けさせることに反対で、両方の宗教を
子供たちに見せて、決めさせると押し切られる。

妊娠26週目、シャーロットは予定日より6週間も早く、破水してしまった。
アディソンは1人が逆子だったので、その子を取り上げて、残りの2人の羊膜は
無傷なので胎内にできるだけ残すことに。

ギャビーはヴァイオレットが勝手にコンサルを頼んだことを怒っていたが、
やっと気持ちの整理ができて、アリーの呼吸器を止めた。

産まれた赤ちゃんは心臓逸脱症で、サムがオペを行ったが、しばらくは保育器の中で
容態を見守ることになり、シャーロットもトレンデレンブルグ体位で絶対安静となり、
産まれた赤ちゃんとこれから産まれる赤ちゃんが無事だと信じたいな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン3 コンパクト BOX [DVD]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ