2014年02月15日

刑事ジョン・ルーサー シーズン3 #2

ルーサーはリプリーのせいでレーンに連絡できずに彼らが殺害されてたので、
今は組めないとバーナビーの事件を任せた。
ルーサーはグレイとリプリーがカモフラージュでキスする現場を目撃したので、
グレイにリプリーには構うな、傷つけないでくれ、利用するなと警告する。

ホランドは撲殺されていて、過去の事件の容疑者に近づいてたのではと推測し、
記録を調べると、ホランドは半年間、真夜中に介護施設にいる連続殺人犯の
ウィリアム・カーニーに電話していて、余罪を疑っていたとわかった。

ルーサーは介護施設にいるカーニーに会いに行くと、カーニーに面会してた
ポール・エリスとすれ違い、帰ったばかりと聞いて、後を追ったが逃げられ、
バスに乗ったエリスはルーサーの姿を確認していた。

カーニーを連行し、殺害したエイプリルの旧姓がエリスで12歳の息子ポールが
母親殺害をタンスに隠れて見てたと突き付けた。
エリスは自宅にいなくて、次のターゲットの自宅に侵入していた。

ルーサーはカーニーを追及し、次の被害者を知ってるとわかったが、
ドクターストップで聞き出せなかったが、介護施設の職員だと気付く。
その頃、エリスは職員ジョディとルームメイトのイヴを縛り上げていた。

ルームメイトのアイーシャが帰宅すると、エリスは彼女の部屋に行くと、
そこにはアイーシャと一緒に入ったルーサーがいた。
ルーサーとエリスは争いになり、エリスは自ら窓に飛び込んで転落する。

スタークとグレイはルーサーが感ずいてると、リプリーに今までついたウソや
犯した法を証言するように迫ると、リプリーは取引なしではしないと断った。

リプリーは破棄される寸前にバーナビーの手を回収し、鑑識で指紋採取し、
ジャレド殺害でバーナビーを逮捕した。
そして、リプリーはスタークと取引して証言することに。

ルーサーは電話の追跡を頼んでいて、ラセター街で止まったと連絡を受け、
スタークたちのアジトに現れて、リプリーに見損なったと告げると、
ルーサーはスタークに集めた証拠をすべて持ち去られて評判ガタ落ちだなと、
続けたいなら続ければいい、倍にして返すから覚悟しろと警告した。

ルーサーは回収したリプリーの証言を聞くと、ルーサーは偉大な刑事です。
共に働けて光栄だ、これは捜査と言うより、魔女狩りに近いと思うと、
知る限り法律を破ったことはないと証言していた。
やっぱりリプリーはルーサーを裏切らず、スタークは諦めないだろうな。

LUTHER/刑事ジョン・ルーサー2 DVD-BOX
posted by Jasmine at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海ドラ サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ