2014年02月12日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン14 #12

SVUは隠れゲイを狙った盗難事件で張り込みを行うが、次の事件が発生した。
被害者のマーフィーは妻子もいて協力を断られたが、盗まれた彼のカードで
水パイプを購入したことで、犯人の似顔絵を作成できた。

聞き込みで被害を逃れた男性から犯人が次の被害者とホテルに行ったとわかり、
部屋を突き止めたが、被害者は心臓発作で亡くなって、殺人事件に発展した。
被害者ダンレビーの妻は夫のことを知っていて、それを受け入れていた。

殺人事件となったので、マーフィーの事情に関係なく、捜査協力することに。
犯人は“ダーク”と名乗り、ストリップクラブでの目撃証言から本名は
ジェレミー・ジョーンズと判明し、恋人メイソンといたジェレミーを連行した。

マーフィーは面通しでジェレミーを犯人だと確認し、仮釈放中のメイソンは
ジェレミーが女に体を売って稼いでると思っていたが、相手は男で使用してた
水パイプは盗んだカードで購入したと告げ、アリバイ確認するとジェレミーは
“マズいことが起きた”とひどく動揺してたと供述するが、メイソンは
ジェレミーの夫だったとわかり、秘匿特権が認められてしまう。

バーバーはジェレミーがゲイを憎んでると証明し、憎悪犯罪法の適用を考えた。
被害者たちはジェレミーに縛られて、ののしられ殴られて、そのままにして
財布を持ち去ったと法廷で証言すると、ジェレミーは男たちはハードなのが好きで、
盗んだ物はギフトだと証言する。

陪審員の意見がわかれ、監禁罪だけ有罪で、その他の罪状は無効になった。
ジェレミーは夫に盗んだ物の一部を渡していて、ジェレミーは証言台で
“記念日に贈り物をする”と隠れゲイを非難していて、ダンレビーの妻は
結婚記念日が近いと言ってたので、ダンレビーのカード履歴を調べると、
事件当日に購入したブレスレットが遺体のそばになかった。

メイソンにブレスレットに“苦しいほど愛してる”と刻まれてると告げて、
ダンレビーの妻に会わせると、彼女は2人は浮気したのよ、私たちを裏切った、
彼は私の夫と殺した告げ、メイソンはブレスレットの在りかを話した。

ジェレミーは保釈が認められるが、すぐにブレスレットにあった被害者の血と
彼の指紋を証拠に殺人罪で逮捕された。

Law & Order 性犯罪特捜班 シーズン2 DVD-SET
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ