2014年02月11日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #83

リンカーンの葬儀が行われ、ボリビアは彼の両親に犯人を捕まえると約束した。
ニーナにジョーンズの内通者が国防総省にいると取引を提案するが、ニーナは
私は長居しないから、世界はもっとひどくなると強気だった。

こちらの世界ではマンハッタンのビルで同時刻に別の場所にいた2人が宙に浮き、
叩きつけられて死亡する事件が発生し、フリンジチームが捜査することに。
遺体にはシートベルトの痕があり、向こうの世界の飛行機事故の死亡者が
こちらの世界で亡くなったとわかり、ウォルターが向こうの世界に行くことに。

両世界は周波数が違うのに、ウォルターが持って来た遺体の手の周波数は同じで、
同調していて、事故がリンクしたとわかった。

ブロイルズ大佐が自宅に戻ると、ジョーンズが息子クリスと話していた。
クリスは目が見えずに余命わずかのはずが元気に暮らしてたのはジョーンズに
協力して手に入れた薬のおかげだった。

ジョーンズの手下がタクシーに置いたスーツケースで、次の女性が乗ったタクシーが
橋から転落する事故を起こし、向こう世界の女性も突然、体を後ろに引っ張られて
激突死する事件が発生した。

アストリッドはアルト・アストリッドと一緒に2つの現場と通信するために、
向こうの世界に行き、コーヒーをプレゼントするとアルト・アストリッドは大喜び。
ピーターはタクシー内からアムフィリサイトを発見し、ジョーンズの仕業と判明。

ウォルターはジョーンズの行為は自分が2つの世界の接点を作ったとイラついて、
ブロイルズ大佐はもしやり直せるなら同じ選択をしますか?と質問すると、
数か月前ならノーと答えたが、大人になった息子と知り合った今は違う選択をする
自信がないと答えた。

ブロイルズ大佐はジョーンズから装置を渡され、リバティ島にある装置の元へ行き、
制御盤に付けるように指示される。

ウォルターはボリビアに部屋に泊めてもらうと、リンカーン殺害の件で眠れずに
お酒を飲んでるボリビアから内通者を捜してると聞いて、迎え酒より卵料理と
スクランブルエッグを作り、ホームズの話から証拠がないこと自体証拠だと、
内通者は証拠を消せるほど高い地位の者ならブロイルズ大佐はどうだ?と聞くと、
ボリビアが信頼してたので、内通者捜しでは信頼は禁物だとアドバイスされた。

ボリビアはニーナにブロイルズ大佐を逮捕したとカモをかけると、彼は歩兵に
過ぎないと、ジョーンズは必ず私を助けると言うのであなたも歩兵かもと告げた。
ブロイルズ大佐と連絡が取れず、大佐のIDがリバティ島で使用されたので、
ボリビアとリーがリバティ島に駆けつけると、大佐とブロイルズがいた。

ブロイルズは大佐はすべて話して自首したと告げ、大佐は拘束された。
その様子を見たニーナも少し焦ってるみたい。

こちらに戻ったウォルターはオリビアとピーターにジョーンズの意図が読めたと、
2回の事件は単なる測定で、2つの世界を同調させる周波数を探し、大佐が装置に
機械を仕掛けたら、ジョーンズによって2つの世界が崩壊させられてたと告げた。
今週の監視人はジョーンズがブロイルズ大佐と会う時に並んで階段を上ってました。

FRINGE/フリンジ <セカンド・シーズン> コンプリート・セット (5枚組) [Blu-ray]
posted by Jasmine at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ