2014年02月07日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #5

サムはリアリティ・ショーのパイロット版に出演することなったが、撮影中に
驚くべき出生の秘密が明らかに!

サムには朝からリアイティ・ショーの撮影クルーが密着していた。
そんな中、サムの母親ディーが職場の上司で友人のレイモンドと妻ジリアンを連れてきた。
レイモンドの体調が悪くて検査すると、レイモンドは肺高血圧症と判明。
サムはオペの必要があることを告げて後、母親とレイモンドがキス現場を目撃する。

もちろん目撃した瞬間をカメラに撮られていて、サムは自宅で夕食中に母親を責めるが、
私の問題だと言われてしまう。

サムはバーベキュー・パーティーを開き、レイモンドから母親のことを愛してると
言われるが受け入れられず、レイモンドが倒れて、病院に搬送された。

サムが救命処置を行い、オペで一命を取り留めたが、早急に肺移植が必要だった。
待機リストは期待できないので、親近者からの移植を勧めるが、子供も親族いないと
レイモンドが答えると、ジリアンはサムは息子なので、検査を受けてと言い出した。

サムとコリーヌは母親とレイモンドの間に産まれた兄弟だった!
ジリアンは40年前からの夫の不倫を知っていて、別れずに夫婦でいることを選んでいた。
サムは父親は家族を捨てたし、どこにいるか知らないと教えられてたので、
母親を責めると、母親はレイモンドがサムが医者になるために援助してくれたと告げるが、
納得できないサムはカメラを振り払おうとして壊してしまった。

サムはインタビューで最初の1年は母親が学費を出してくれ、あとは奨学金をもらったと、
努力して全米で指折りの黒人の心臓外科医になったと誇らしげに話してたのに。

サムはアディソンに相談して慰められると、母親と話し合うことに。
翌日、サムは適合検査を受けて、サムはドナーになれることがわかったが、
レイモンドは自宅に帰ることを選んでいた。

病院ではヴァイオレット、クーパー、ジェームズがサラの両親と支援者と共に
サラの捜索を訴えてた。
ヴァイオレットは撮影クルーにサラの捜索を全国放送で呼び掛けてと頼んだ。

インタビューでヴァイオレットがピートのオフィスで朝食を食べたりしていて、
死を受け入れてるが、サラの両親は生死がわからずに前に進めないと訴えた。
ジェームズはシェルダンの患者ニックを疑ってるみたいだな。

レイモンドはジリアンとディーと帰ることになり、見送る様子をカメラはとらえてた。
サムが子供の頃、おもちゃの聴診器で遊んでたが、それはレイモンドからの
プレゼントで、そのお礼を言ってサムは見送った。

いきなり父親が現れて、ドナーになるかの選択を迫られたサムの相談相手は
やっぱりアディソンでこれで友人関係に戻れるといいな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン4 コンパクト BOX [DVD]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ