2014年01月29日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #81

今回はシーズン1の13話と同じような出来事が今の世界でも起きた。
飛行機の乗客マーシャル・ボウマンが体の異変を感じて、乗務員に鎮静剤を
集めるように指示してトイレに行くが、落ち着いてトイレから出てきた。

到着後、ボウマンは保安局員に飛行機が苦手でパニックになったと説明し、
荷物を調べられ、隠し持ってた注射器と謎の液体が入った小瓶を見つけられる。
そして、ボウマンはヤマアラシに変身して、保安局員を襲った。

オリビアはカウンセリングを受けるが、妹レイチェルは離婚はしていないし、
エラとエディの子供がいるのに、離婚してエラと2人でシカゴにいると答えた。
人生に関する記憶の4割が謝りだったので、ブロイルズに休暇を命じられる。

ピーターの時間軸でボウマンは機内でヤマアラシに変身して墜落してたが、
今回は飛行機は到着してから事件が起こっていた。
ピーターはボウマンの妹を聴取するが、いつもの兄らしくなかったが
仕事のストレスだと思ってたと無関係と判断された。

ボウマンには相棒がいたが、ピーターは名前が思い出せずにオリビアから
ダニエル・ヒックスだと聞いて、彼の自宅に向かうとオリビアが待ってた。
ヒックスの部屋は真っ暗で、ヤマアラシに変身した彼にリーは襲われた。

ウィルスのブローカーだったコンラッドは5年前に事故死していて、
ボウマンも死んでないので、ピーターたちの時間軸とは少し違っていた。
ヤマアラシに注射痕とシュメール語のタトゥがあったので、ピーターは
古本屋のエドに会いに行くが、この時間軸のエドはピーターを知らないので、
オリビアと小芝居をして、タトゥの意味が“再生”や“復興”だとわかった。

マッシブ社の古いプロジェクトが関係してたが、ファイルは削除されていて、
デビッド・ロバート・ジョーンズの仕業だとわかった。
ケガをしたリーはウィルスに感染し、ウォルターは脂肪分が高い食べ物を
欲しがったので、脂肪はエネルギーを蓄え、エネルギーは変身に必要とわかった。

美容整形外科は大量の脂肪を捨ててるので、盗まれた病院を突き止めたが、
警備員が殺害されたので現場は封鎖されていた。
リーの血液を使って、変身の過程を再現するとヤマアラシに翼ができたので、
高層ビルにある美容外科に突入し、ヤマアラシのヒックスを射殺した。

上層部はオリビアの6割が以前のままなら、他の9割の捜査官より優秀だと
フリンジ・チームに必要な人材だと復帰を認めた。
その頃、ボウマンの妹は男に2人一緒に生まれ変わり、新しい世界の子供に
なろうと持ちかけて、注射を打った。

ヤマアラシとなって檻に入れられ、他の変異したらしい動物と共に
船でどこかに移送されてたが、これにジョーンズはどう関係してるのかな?
今週の監視人はピーターがヒックスの自宅に着いた時に歩いてました。

FRINGE/フリンジ <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ