2013年10月22日

デクスター シーズン8 #1

「デクスター」のファイナルシーズンが放送開始。
デボラはラゲルタを射殺してから半年、デクスターはハリソンのサッカークラブの
コーチをしたり、ボーリングチームを再開したり、新しい出会いもあったりと
普通の生活を送っていた。

刑事を辞めるはずだったエンジェルはマイアミ署に残り、ラゲルタを追悼して
ベンチが設置され、みんなは式典に出席するがデボラは欠席し、電話しても繋がらず、
留守電はいっぱいになっていた。

その頃、デボラは男とモーテルでドラッグを楽しみ、男は盗品売買したりとやばそう。
デボラは落ちるところまで落ちたのかと思ったら、マイアミ警察を去って、元強盗課の
エルウェイ(ショーン・パトリック・フラナリー)の調査会社でフリーの仕事をしていた。

デクスターはエルウェイからデボラのことを尋ねると、数週間連絡がなく、保釈中に
逃走した宝石泥棒のアンドリュー・ブリッグスを追ってることがわかった。
ブリッグスと一緒にいるデボラを見つけて、帰るように説得するが拒絶される。

そんな中、整備士ロバートの射殺体が発見され、頭骨を切断され、脳の一部がくりむかれ、
サイコパスの犯行と思われた。
精神神経科医でサイコパスに詳しいエブリン・ボーゲル博士(シャーロット・ランプリング)
が捜査協力をすることに。

ボーゲルは脳の島皮質前部で共感性をつかさどる部分をくりぬいているので
サイコパスは共感性がなく、故意にこの部分をくりぬいたなら何か意味があると分析。
犯人像は30代で知性が高く、几帳面でプライドがあると推測する。

デクスターはボーゲルにベイハーバー切り裂き魔のドークスもサイコパスだと
彼のことを聞かれたが、ボーゲルはドークスの性格はサイコパスに該当しないと言い、
デクスターは彼女のことを怪しむ。

ブリッグスは手元に宝石を持ってなく、エル・サポに宝石を売ろうとしてたので、
デボラはクインにエル・サポのことを調べてもらったが、留守電がいっぱいで、
デクスターはクインからエル・サポの正体は不明だが、ブリッグスはマフィアの
店を襲ってたので、盗品を買いたがってるのはエル・サポだけだと知らされる。

ジェイミーはエンジェルに内緒でクインと付き合っていて、過ごすために夜の休みが
欲しいとハリソンを署に連れてきた。
デクスターが調べるとエル・サポは殺し屋だと判明し、デボラも殺されるとクインから
デボラがいるモーテルを聞き出し、ハリソンを連れて向かった。

デボラにエル・サポは殺し屋でブリッグスは命と狙われてると連れて帰ろうとするが、
ブリッグスに突き飛ばされ、争いになり彼より先にナイフを手にして刺してしまう。
デボラはデクスターを追い出し、警察に通報すると、ブリッグスのポケットから
鍵を見つけた。

警察にはブリッグスの調査中に買い物に出て、戻ると彼が殺されてたと証言して、
エルウェイには奴は死んだけど、宝石の在りかの手掛かりがあると報告した。
しかし、駐車場にはエル・サポがいて、デボラは目を付けられたみたい。

デクスターはラゲルタのベンチに座ってると、ボーゲルがやって来て、渡された
ファイルにはデクスターが幼い頃に書いた絵が入ってたので何が望みだ?と
詰め寄ると、ハリーの掟を破ることになるから私は殺せないと言われた。

デクスターがボーゲルを連れてきたマシューズに探りを入れたが、昔の事件としか
言わなかったのはデクスターの母親が殺された事件でエブリンと知り合い、
彼女がデクスターのカウンセリングでもしたのかな?

デクスター シーズン1<トク選BOX> [DVD]
posted by Jasmine at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | デクスター(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ