2013年07月20日

ホワイトカラー シーズン4 #15

ニールはエレンが隠した証拠がエンパイアステートビルの50階にあると推測し、
モジーがは屋台を出して偵察していた。

ヒューズの後任としてアトランタのホワイトカラーからアマンダ・キャロウェイが
大抜擢されて着任した。
キャロウェイはピーターとニールにベルニーニの彫刻に疑惑があると調査を命じるが、
ニールは彫刻は本物だと断定するが、近くにあったデュボアの彫刻が贋作だと気付く。

彫刻を売ったのはデュボアの弟子のベルミエールで、彼に容疑がかかるが、
キャロウェイはニールの勘だけで確証はないと捜査の打ち切りだと、調べたいなら
勤務時間外にするように命じ、ピーターは時間外でニールと捜査を続行する。

ピーターがベルミエールと話してる間に、ニールはアトリエを調べると、捜索中の
贋作を発見するが、それを売らないと逮捕できないので、ニールが作った贋作を
先に売り出すと、最高傑作と認められた。

ジェームズはモジーの隠れ家は息が詰まると、ニューヨークに戻ってきた。
エレンとジェームズは昔、犯人のアジトで隠された物を探す時、壁より床や天井が
怪しいと言ってたので、床は大理石なので天井に証拠があると絞り込んだ。

鑑定の様子を偵察に来たベルミエールにニールは残り2つのデュボア作品を
お互い1つずつ売ろうと持ちかけ、彼のアトリエで作品を作ることになった。

ベルニーニの彫刻の中には手紙のメモが入ってるので、ピーターはキャロウェイに
高解像度スキャナーを使えば、偽造品の中のメモをベルミエールが書いたと
証拠が得られると勧めて、おとり捜査を行うことに。

ニールはスキャナーでエンパイアステートビルを調べられると言うと、ピーターは
高価な物なのでダメだと、ニールにモジーもジェームズもスキャナーを使わないことを
誓わされたが、ニールは計画を実行する。

ニールはベルミエールのアトリエで一人で作業をするフリをして抜け出すと、
モジーが汚したの床掃除の器具にスキャナーを仕掛けて、エレンの証拠品を探した。
アトリエに戻ったニールはベルミエールの偽造品をスキャンするが失敗し、
ニールはベルミエールを挑発して、争った時に偽造品が壊れて、ベルミエールが
書いた本名のメモが中から見つかって、彼を逮捕した。

スキャンでエレンが隠した証拠の場所が判明し、ジェームズは取りに行こうと言うが、
ニールはピーターは実父以上の存在だから話してからだと告げた。
どうもジェームズの行動が怪しいんだよな。

キャロウェイはニールが彫刻を彫ってないことに気付き、エンパイアステートビルの
33階から61階でスキャナーが使われたと部下に調べさせていた。
そして、キャロウェイはプラット議員に答えが見つかったと電話したけど、
彼女は敵か味方どっちなのかな?

ホワイトカラー シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
posted by Jasmine at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | WHITE COLLAR(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ