2013年07月14日

ホワイトカラー シーズン4 #13

ニールはエレンが残した鍵と同じ風景を探すがなかなか見つからず、
モジーはタクシー運転手になり、乗客から情報を集めていた。
ピーターもエリザベスに内緒で鍵のことを調べていた。

モジーは自分と同じ番号のタクシーを見つけて、ニールを乗せたまま追跡して、
交通違反で警察に捕まって、ニールがピーターを呼んだ。
偽造免許が発行されてるとわかり、ピーターたちが捜査することに。

モジーは正式に免許を購入してたが、その免許の持ち主はタクシーの経営者
デュサークだったので、タクシー・リムジン委員会が記録を操作してると推測し、
ピーターは委員会の職員に扮して、デュサークから乗務員記録を入手した。

乗務員記録から2週間前に偽造免許を購入したとわかり、GPSの記録から
仮オープンしたコットンクラブの関与が浮上し、経営者兄弟のデルモンは
最近まで服役していて、アンジェロはタクシー・リムジン委員会に勤めていた。

ニールとピーターは業界関係者としてデルモンに接触し、昔のコットンクラブで
歌ってたジューンを売り込み、隙を見て、帳簿を撮影して、エリサベスが確認し、
帳簿をこまがしてるとわかったが、その証拠を掴むのは難しかった。

その頃、モジーは偶然にアンジェロをタクシーに乗せると、アンジェロが
モジーのタクシーをデュサークのものだと思っていた。

ダイアナがシガーガールに扮して、コットンクラブに潜入し、アンジェロが
アタッシュケースを持って、下階に降りて行ったので、エリサベスが後をつけると、
デルモンにルークに渡して欲しいと金庫で預かってと頼んでいた。

ダイアナが金庫の中を調べようと部屋に入るが、デルモンに見つかってしまい、
とっさにレコードコレクションを見たかったと話をすると無関係だとわかった。
取引現場で逮捕してもデルモンは弟の罪を被ると思われ、免許がなくなったら
デュサークはアンジェロを呼ぶはずと中身をすり替えることに。

中身をすり替えるにはデルモンの歌声で開ける金庫を開ける必要があるので、
PCなどは金属探知機を通過できないので、レコードを使用することに。
ジューンに協力してもらい、60年代風でレコーディングしてもらい、デルモンの
声を仕込んだレコードを作成した。

コットンクラブのオープニングでジューンが歌っている間に、ニールが金庫を開け、
偽造免許を溶けるものにすり替えた。
デュサークはデルモンからアタッシュケースを受け取るが、中身が溶けだしたので、
呼びつけられたアンジェロがやって来たので現場に踏み込むと、アンジェロは
デルモンは関係ないと自白した。

委員会は不正な免許をすべて回収することにしたが、モジーの偽名が本当なのか
疑い出したらしく、モジーの情報収集も終わるのかな?
ジューンの歌声は素晴らしかった。

ニールはエレンに逃走中にコルクを取っておいて、クイーンズの桟橋に行ってたと
話したことを思い出し、鍵はその場所の風景で鍵にはエンパイアステートビルだけ
ないことに気付いた、
その頃、ピーターもニールがクイーンズの桟橋にいるとわかり、鍵の謎を解いていた。

ホワイトカラー シーズン3 DVDコレクターズBOX
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | WHITE COLLAR(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ