2013年07月04日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン13 #5

ハロウィーンの日に、ベンソンは祖父母に引き取られたカルビンと過ごしていた。
アマーロは娘と仮装してお菓子集めに出かけ、フィンとロリンズは性犯罪登録者が
子供と接触してないか取り締まってると誘拐事件が発生する。

NYにパレードを見に来たアリーとティムは、アリーが生後3か月のネイトを乗せたまま、
オムツを買ってる間に車を盗まれる事件が発生し、SVUが捜索を開始。
現場に戻ったネイトの父親である恋人のティムは息子が連れ去られた聞いて激怒する。

テレビで報道しても手掛かりがなく、地元のバッファローでティムはアリーの姉から
家庭内暴力で通報されていたが、アリーは暴力を否定し、ネイトをかわいがってたと。
そして、車が発見されたが、ネイトは車内にいなかった。

フィンとロリンズはアリーの姉を訪ねると、アリーは姉とティムは実家で別々で暮らし、
出発前に車内にネイトがいるのを確認したと。
公園の露店でチャイルドシートを買った人物が盗品と気付いて届け出たことで、
ネイトが乗ってたチャイルドシートとわかり、露店主を連行すると、車上荒らしは
認めたが誘拐は否認する。

押収した盗難品のクーラーボックスに、ネイトが飲んでた大豆調整乳を含む便が
検出されたことで、赤ちゃんの遺体を入れてたと判明。
クーラーボックスからティムの指紋が検出され、事故ならば責任を問われないが、
キレて揺すったなら責任を問われるとティムを追及するが自白は取れなかった。

アマーロはアリーに車ではなく、モーテルで寝たことを話し、フィンたちは裏を取ると、
アリーとティムはチャイルドシートに乗せたネイトをバーに連れ込み、酔っ払って、
大声で言い争ってたとわかって追及すると、ネイトを埋めた場所を自供した。

ビーチに埋められたネイトの遺体が発見され、ワーナーが検視するが、ネイトは
きちんと世話をされ、虐待の痕跡や外傷は見つからなかった。
ティムはネイトを強く揺すり、アリーは一緒にバスタブに入り、うたた寝をして
起きたらネイトは沈んでいたとお互いをかばい始めた。

乳幼児突然死症候群の可能性が浮上し、そのことを伏せたままで再聴取すると、
ティムは揺すってないし、アリーはネイトを仰向けに寝かせたが気付くと
息が止まっていたと2人の供述は一致した。

疑われると思って、助けを呼ばずにネイトを埋めて、車が盗まれたことにしたと。
乳幼児突然死症候群と判明したので、アリーとネイトは釈放されることに。
みんなを振り回したのは悪いことだけど、息子を亡くしたことで2人は十分に
苦しみを味わってるはず。

Law & Order: Special Victims Unit - Thirteenth Yr [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ