2013年07月01日

ホワイトカラー シーズン4 #10

サムが姿を消したことで、ニールはピーターと仕事のみの付き合いをしていた。
ピーターとニールはFBIフォーラムでセミナーをしてると、セキュリティー侵害が
発生してセミナーは途中で中止になってしまう。

フォーラムでは捜査のハイテク機器も披露されるので、それが狙いではと推測する。
犯人はIDを偽造して捜査官として潜入してるので、ニールはなりすまし犯罪の
セミナーを行うと、元海兵隊のアンダーソンが偽捜査官として浮上する。

部屋に戻ったニールをサムとモジーが待っていて、ピーター抜きで報告書を見た
人物を誘き出すことに。
ニールはフォーラムで盗んだ追跡装置を使い、サムをおとりにすることに。

ピーターの方はフォーラム関係者のファーロング捜査官がワシントン勤務なので、
サムを捜しを頼むと、サムは退職後にフロリダに住んでるはずが、ニールからの
メールをワシントンで受け取ったので調べると、3年前にサムは亡くなっていた。

ダイアナとジョーンズが芝居し、アンダーソンの狙いが最新鋭の防弾ベストと判明。
FBIが警戒するなか防弾ベストのセミナーが行われ、監視カメラにアンダーソンが
爆弾を仕掛ける様子が映ったので、全員を避難させたピーターたちはベストではなく、
開発者の博士の誘拐だと気付き、博士を保護すると、ニールは撃たれてしまったが、
防弾ベストのおかげで無事だった。

ニールはピーターからサムは死んでたと聞いても、死んだフリしてると信じない。
サムはニールたちに迷惑はかけられないと1人で出かけてしまい、ニールとモジーは
拷問されてるサムを救出し、ピーターが犯人を追ったが逃げられてしまう。

ニールが描いたタトゥーから犯人はアイリッシュ・マフィアのデニス・フリンだった。
フリンのファミリーはニール父の証言でほぼ全員が逮捕されて、デニスの父親は
獄中で死亡し、エレンもフリン・ファミリーに買収された警官を調べてたので、
エレンの証拠で困る人物が情報を流したと思われた。

最初はギクシャクしたニールとピーターだったが、最後は仲良くセミナーを終えて、
2人は信頼関係を取り戻して良かったと思ったら、出血したサムの手当てをした
ニールは血痕が付着したハンカチをニールに渡して、サムはニールの父親と判明!

ホワイトカラー シーズン4 DVDコレクターズBOX
posted by Jasmine at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | WHITE COLLAR(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ