2013年05月17日

プライベート・プラクティス シーズン5 #19

複数刺された9歳のドレアを姉のミッシーがERに搬送した。
ピートとサムが処置し、家族のフォローをしていたヴァイオレットはミッシーが
刺したのではと感じ、自分がケイティに襲われた話をして、ミッシーが刺したと確信。

両親にミッシーが若年性社会病質で、ドレアの事件に関与してることを告げると、
父親は気づいていたようで、ヴァイオレットがミッシーを自白させて、待機してた
警察に連行された。

メイソンはエリカが亡くなってから口をきかず、おねしょをするようになった。
クーパーはヴァイオレットに相談し、敬意を持って接し、甘やかさないでと言われ、
シャーロットは父親を亡くした経験を話し、話さないと誰も助けらないと説得すると、
メイソンはママのことを忘れちゃいそうだから話したくないと。

話したことをクーパーに報告するが、脅して話させたとシャーロットを非難するが、
クーパーが行動を起こさないからシャーロットが動いただけなのに。

ヴァイオレットとピートはカップルセラピーを受けることに。
最初は本音を話さず、精神科医から離婚を考えてるのにお行儀がよいセラピーだと言われ、
2回目ではミッシーの件で意見が対立したことで言い争いになるが、精神科医は2人の結婚に
まだ期待がもてると判断し、3回目でピートは愛したいだけとヴァイオレットにキスして、
セラピーは受けないと拒否したが、根本的な問題を解決しないとダメだと思うけど。

アディソンは里子になった赤ちゃんをヘンリーと名付け、仕事を休んで育児を楽しんでた。
前回、同じ日にジェイクとサムとキスしたことが2人にバレてしまったが、全く気にせず、
今までよく対立してたジェイクとサムは意気投合してるし。

アメリアはアディソンに超音波検査をしてもらうと、胎児は無脳症だと判明する。
絶望するアメリアをアディソンたちは心配するが拒絶され、シェルダンは元妻が結婚式で
相手と別れたがハネムーン代を支払えずにお供してると、必要な時にいないと思ったら、
ジェイクが力になってくれて良かった。

ドレアは脳死状態で、父親はドレアの命に意味があるはずだと、アメリアに臓器提供を
申し出たことで、アメリアは赤ちゃんを産んで、その臓器を提供しようと決意する。
脳神経外科医なのにどうにもできない状況で、サムの家に居候してるみたいだけど、
隣の家に住むアリソンが幸せそうに子育てしてるのを見てるのはつらいだろうな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン4 コンパクト BOX [DVD]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ