2013年04月26日

プライベート・プラクティス シーズン5 #16

男女の双子を妊娠中のローレルとパートナーのダニーがクリニックにやって来た。
アディソンが診察すると、男の子に横隔膜ヘルニアが見つかり、処置しないと亡くなるが、
双子なので子宮内でオペすれば女の子に深刻なリスクが及ぶおそれがあった。

ローレルはリスクがあるなら1人でも助かる方を選択するが、卵子を提供したダニーは
2人とも助かる可能性があるならオペするべきと口論になって、ダニーは出て行った。
ローレルはダニーのためにオペを受けると決め、アディソンに呼ばれたダニーは反省し、
オペ室のガラス越しにローレルを励ました。

オペで女の子に羊膜索が巻き付いてるとわかり、アディソンはジェイクを呼んで、
男女ともに処置することに成功し、オペしなかったら、女の子も死んでいたらしく、
双子は無事に育ちそうで良かった。

サムはコリーヌが回復するまで仕事を休むことにして、コリーヌにバイトを勧めたり
と何かと世話を焼いていて、行きたがってたプラネタリウムに連れて行った。
しかし、深夜にプラネタリウムで感化されたのか、コリーヌは星を見ながら騒ぎ出し、
アディソンはその声で目覚めてしまった。

その日は何とか収まったが、翌日に興奮するコリーヌを止めようとしたサムと
もみ合いになって、コリーヌはガラスに突っ込んでしまった。
傷だらけのコリーヌはERに搬送され、シェルダンはコリーヌを入院させるように
勧めたけど、サムは自分で助けたいという思いが強いみたい。

エリカは回復に時間がかかっているので、クーパーは泊まり込みで手伝っていた。
シャーロットは疲れてるクーパーを心配するがイラつくクーパーはヴァイオレットに
愚痴ると、シャーロットにあたってると言われた。
クーパーは良い人なんだけど、何かに集中すると周りが見えてないよね。

ヴァイオレットはスコットと体だけの関係になっていて、ピートとやり直せないかと
一緒にセラピーを受けることを提案し、また家族に戻れるといいな。

シェルダンはアメリアの様子が変だと気づき、薬をやってるのかと追及すると、
アメリアはライアンの子を妊娠したと告白する。
ショックを受けるシェルダンは、僕以外の誰かに相談しろと言ってしまったが、
考え直して、産むと決めたら協力すると言ってくれて良かった。

ジェイクはアディソンがヴァイオレットにフィジーのことを話してたと知って、
話が筒抜けなのでちょっと怒ってたけど、オペ室での君は素晴らしかったと、
君に恋しそうと、すべてをかけられるが君には僕を受け入れる準備が出来てない
と言われたアディソンは準備はできると答えたけど、やっと進展するのかな?

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン1 コンパクト BOX [DVD]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ