2013年04月24日

クローザー シーズン7 #107

今回は重犯課の密告者がついに判明!
路上で警官が倒れてると通報が入り、市警のヘリやパトカーが現場に駆けつけるが、
倒れてたのは警備員のチャイデスだった。

チャイデスは至近距離からショットガンで顔を吹き飛ばされて、ブレンダが不在で
プロベンザが指揮を取ってると、ボールドウィン検事がやって来た。
被害者が警備会社に空き家に不審者が侵入したと報告してたので、その空き家に
突入すると、ブラやiPadなどが残され、若い男女がいた形跡が残されていた。

ブレンダが予定より早く戻ると、ポープから副本部長はテイラーにすると言われ、
レイダーが密告者を突き止め、ブレンダが留守の間に片を付けるつもりだったと、
今日の午後、本人に話を聞くつもりだと告げられた。

iPadの購入者のキャロラインを訪ねると、孫のルークへのプレゼントだったと、
彼が勤めてるスポーツ店でルークを逮捕した。
ルークはジェナがあの家の鍵を持ってたので行ったが、警備員が来たので出たと、
ブレンダがガブリエルと取調べしてると、レイダーは話があるとガブリエルを
ポープのオフィスに連れて行った!

ポープのオフィスには泣きじゃくってるアンがいて、彼女はゴールドマンに
情報屋として雇われて、ガブリエルから聞いた話を密告してたのだった。
レイダーはガブリエルがアンが助言をくれると聞いてから疑ってたみたい。

教会で出会ったのも計画だったが、アンはガブリエルを本当に好きになったので、
召喚状がガブリエルだけ送られなかったのはアンが止めたからだった。
ガブリエルは激怒して、荷物をまとめて、出て行けと怒るのも無理ないよ。

ジェナから空き家は親がローンを払えずに差し押さえになった親友の家で合鍵を
持ってたと、警備員に追い出されて、鍵を取り上げられ、次は警察に通報すると
言うと去ったと、怪しいデカい黒人を見たと証言する。

ジェナの自宅を捜索し、凶器に使われた猟銃を押収し、持ち主の父親を聴取する。
厳格な父親はノーブラで帰ったジェナから被害者にレイプされたと聞いて、
撃ち殺したと自供するが、ジェナがルークを守るためにウソをついたのだった。

ブレンダはボールドウィン検事の望み通りにジェナに銃を持った父親に
警備員の居場所を教えたと自供させて、彼女も成人として裁かれるらしい。
チャイデスは戦争の英雄で、無事に帰還したのにこんな形で命を落とすとは。

激怒するブレンダにガブリエルはベイラーを置き去りにした時に不安だったと
逆ギレしてたけど、あの時、フリンを連れて行けば良かったのに。
ガブリエルは重犯課のみんなにも謝罪し、プロペンザが水に流そうと言うと、
テイラー、バズ、タオは謝罪を受け入れるが、フリンは俺もだと言いながら
握手すると異動願を出せと言い、サンチェスは最後まで何も言わなかった。

ガブリエルは辞表を出すとブレンダに告げるが、ブレンダはそれを認めず、
ベイラーの件で謝罪し、ガブリエルの重犯課に残ることになったが、
早くみんなが許してくれるといいのだけど。
次回はグランドフィナーレ、どんな結末が待ってるのか楽しみだな。

クローザー <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | クローザー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ