2013年04月06日

続ハリーズ・ロー #22(最終話)

「ハリーズ・ロー」がグランドフィナーレを迎えました。
ハリーは遺体安置所に向かうと、そこには最初の夫アーサーの遺体があった。
アーサーは心臓発作で亡くなるが、発見されたのは3日後だったとはかわいそうに。
アーサーの遺体に引き取り手がないので、ハリーが葬儀を行うことに。

ハリーとトミーは元妻の殺人事件の重要参考人にされてることで就職できない
ジョージの弁護を担当することに。
元妻と扶養料で言い争いをし、アリバイ証明をしたのは今の妻で、他に容疑者が
いないので、担当検事は重要参考人から外す気はなかった。

ジョージはローンの繰り上げ返済を求められ、家を失いそうになっていたので、
ハリーは担当検事を訴えることに。
被害者の両親もジョージが犯人だと思ってなかったし、これは間違ってると訴え、
判事は検事局だけでなく、担当検事も名誉棄損で訴えることを認めた。

アダムは入れ歯を出し入れする癖で解雇されたネルソンを担当。
会社側の代理人がフィービーで、彼女の提案で証言録取をすることにしたが、
ネルソンが入れ歯を出し入れする様子を見たアダムは大笑いしてしまう。

アダムとフィービーは和解を話し合いながらキスしてるのを見たチュンホアは
ハリーに辞めると告げるが、ハリーはこの事務所のはチュンホアも含めた
みんなのものだと却下した。

オリヴァーは差別是正処置のためにロースクールに入学できなかった白人女性の
ジョディーの代理人を担当。
オリヴァーはキャシーに手伝って欲しいと頼むが、キャシーは差別是正処置に賛成で、
意見が対立してしまう。
そして、判事は最高裁が差別是正処置を見当してるので訴えを却下した。

事務所のパーティーが開かれて、オリヴァーの案件で判事役としてゲスト出演した
「アリー・myラブ」のリサ・ニコール・カーソンとキャシーがデュエットした
Fun.の「Some Nights」は良かった。ハリーが亡き夫に歌った弾き語りに良かった。

パーティの後にハリーはアーサーのお墓に行くと、トミーたち事務所のみんなに
ロザンナまで来たのにはビックリした。
エンディングはしんみりと終わるとは意外だった。

これでデビッド・E・ケリーの作品がしばらく見られなくなるので残念だな。
アメリカで放送中の「Monday Mornings」はちょっと変わった医療ドラマらしく、
キャストは日本でもおなじみの俳優だし、日本でも放送して欲しいな。

harry.jpg

posted by Jasmine at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハリーズ・ロー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ